コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

燧人 スイジン

デジタル大辞泉の解説

すいじん【燧人】

中国古代、伝説上の帝王民衆に火の技術食物の調理法を教えたという。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

すいじん【燧人 Suì rén】

中国古代伝説上の帝王,三皇の一人。太古,人々は火を知らず,食物を生で食べ,病気が絶えなかった。そのとき聖人が出,(火打石)で火を得て,食物を調理することを教えた。人々はその人を天子とし,燧人氏とよんだ。燧人の伝説が書物に登場するのは戦国末であるが,火が神聖なものであり,食物の調理が文化の第一歩であることを反映した物語は,ずっと古い時代から人々の間に伝えられていたと考えられる。三皇五帝【伊藤 道治】

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

すいじん【燧人】

中国の古伝説上の帝王。一説では三皇の一。木をすり合わせて火を起こし、調理することを人に教えたと伝える。燧人氏。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

燧人
すいじん

中国古代の伝説上の皇帝。三皇の一人。火食することを発明したという。燧とは火をとる道具である。人々が動植物をなまのまま食して病気に悩まされていたとき、燧人が木をこすって火をとり、食物を料理することを教えたという。燧人神話の原型は古いが、三皇伝説となったのは戦国時代以後であろう。[宇都木章]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

燧人の関連キーワード中国神話中国史一説