片食(読み)カタキ

  • かたけ
  • かたじき
  • 片▽食

デジタル大辞泉の解説

《「かたけ(片)」の音変化》
[名]かたけ」に同じ。
[接尾]かたけ」に同じ。
[名]《「け」は食事の意。「かたげ」とも》朝夕どちらかの食事。江戸時代、一日に朝夕二度の食事が普通であったところから生まれた語。かたき。
「たとへ―は食はずとも」〈浮・織留・五〉
[接尾]助数詞。食事の度数を数えるのに用いる。かたき。
「三度の御まんまを一―でも好いから他(ひと)の家(うち)で食べようって云うのが」〈漱石道草

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

かたけ(片食)の転
かたけ(片食)
に同じ。
接尾
かたけ(片食)
に同じ。
は食物・食事の意。江戸時代、朝夕二度の食事が普通であった頃できた語。かたきとも
一回分の食事。一度の食事。 たとへ-は食はずとも/浮世草子・織留 5
接尾
助数詞。和語の数詞に付いて、食事の回数を数えるのに用いる。 ひと-、ふた-

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

(「かたけ(片食)」の変化した語)
[1] 〘名〙 =かたけ(片食)(一)
[2] 〘接尾〙 =かたけ(片食)(二)
※息子(1922)〈小山内薫〉「弁当箱を持って来る。『まだ一かたきぐらゐは残ってる筈だ』」
[1] 〘名〙 朝夕二食のうちの、一回の食事。朝食か夕食かの、どちらかの食事。かつて食事は朝夕の二度だったので、このことばが生じた。三食の時代になっても、一食の意味で用いられる。かたき。
※玉塵抄(1563)三八「ここらにも管領の細川殿の膳は毎日かたけの分が一貫の入目と云ぞ」
[2] 〘接尾〙 食事の度数を数えるのに用いる。かたき。
※浄瑠璃・丹波与作待夜の小室節(1707頃)中「帳面は忘れぬ旅籠(はたご)が六かたけ、酒が四升五合十文盛(もり)が七十杯」
※二人女房(1891‐92)〈尾崎紅葉〉下「翌日は二食(カタケ)絶食をする」
〘名〙
① 斎宮(いつきのみや)の忌み詞の一つ。僧家の斎(とき)をいう。片膳(かたぞなえ)
※皇太神宮儀式帳(804)「斎食を片食と言ふ」
② 一日一回の食事。〔日葡辞書(1603‐04)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ソフトロボティクス

ロボティクスの一分野。強度的・構造的に適度なやわらかさがあり、繊細な力加減で動作できるロボットに関する研究。→ソフトロボット...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android