コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

牛島憲之 うしじま のりゆき

4件 の用語解説(牛島憲之の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

牛島憲之

洋画家。熊本県生。岡田三郎助に師事。東美校卒業後、猪熊弦一郎荻須高徳らと上杜会を結成。主線美術協会を創立、創元会会員となり、のち立軌会を結成。日本国際美術展現代日本美術展等に出品、受賞を重ねる。日展特選、芸術選奨文部大臣賞受賞。日本芸術院会員、国際形象展同人。文化功労者文化勲章受章。東京芸大教授。平成9年(1997)歿、97才。

出典|(株)思文閣
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

牛島憲之 うしじま-のりゆき

1900-1997 昭和-平成時代の洋画家。
明治33年8月29日生まれ。昭和8年帝展に初入選。17年創元会会員。21年日展で特選,24年立軌(りゅうき)会を結成。40年東京芸大教授。44年芸術選奨。56年芸術院会員となる。58年文化勲章。繊細な描写力で,独自の心象風景をえがく。平成9年9月16日死去。97歳。熊本県出身。東京美術学校(現東京芸大)卒。作品に「水辺」「倉庫」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

牛島憲之
うしじまのりゆき

[生]1900.8.29. 熊本
[没]1997.9.16. 東京
洋画家。大地主の家に生れ,幼少の頃から画家を志す。 1927年東京美術学校 (現・東京芸術大学) 西洋画科を卒業,同年,弥次喜多道中双六をテーマにした『赤坂並木の段』で帝展に初入選した。東光会,主線美術協会,創元会にそれぞれ会員として参加,第2次世界大戦後の 46年『炎昼』で日展の特選を受賞したが,その後は日展と離れ,49年須田寿と展覧会にこだわらない立軌会を結成。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

牛島憲之
うしじまのりゆき
(1900―1997)

洋画家。熊本市生まれ。1919年(大正8)上京し、葵橋(あおいばし)洋画研究所に学び、1927年(昭和2)東京美術学校西洋画科を卒業し、同校研究科へ進む。同年第8回帝展に初入選。1946年(昭和21)第2回日展で特選となる。1949年立軌会(りゅうきかい)結成に参加し、日展への出品をやめる。1953年サン・パウロ・ビエンナーレ展に出品、翌年東京芸術大学の講師となり、1968年教授として定年退職する。翌年芸術選奨文部大臣賞。1978年京都国立近代美術館ほかで「牛島憲之の芸術」展が開かれる。自然の詩情と悠久感あふれる風景画で知られ、1981年日本芸術院会員、1982年文化功労者となる。1983年文化勲章受章。[小倉忠夫・柳沢秀行]
『『牛島憲之素描集』(1975・求龍堂) ▽『牛島憲之画集』(1978・日本経済新聞社) ▽『牛島憲之素描集』(1981・朝日新聞社) ▽『牛島憲之』(1993・日本経済新聞社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

牛島憲之の関連キーワード樽野武雄井芹蘇泉階乗熊本学園大学N没・歿勃・歿・没N末端残基Diaz de la Peña,N.

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

牛島憲之の関連情報