コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

狂う クルウ

デジタル大辞泉の解説

くる・う〔くるふ〕【狂う】

[動ワ五(ハ四)]
精神の正常な調和がとれなくなる。気が違う。気がふれる。「気が―・う」「―・ったようにわめく」
物事・機械の働きや状態が正常でなくなる。「時計が―・う」「音程の―・った歌声」「歯車が―・う」
ねらい・見込みなどが外れる。予測・計画通りにならない。「手元が―・う」「見通しが―・う」
物事に異常に熱中して見さかいがつかなくなる。おぼれる。「かけ事に―・う」「女に―・う」
(他の動詞の下に付いて)普通の程度を越えて激しく動き回る。ひどく…する。「踊り―・う」「荒れ―・う」
神霊・もののけが取りついて、普通ではない行動をする。神がかりになる。
「こは物に―・はせ給ふか」〈宇治拾遺・一五〉
激しく動き回ったり、舞い踊ったりする。
「ひとへに死なんとぞ―・ひける」〈平家・四〉
ふざける。じゃれつく。
「あれ御亭(ごて)さん、―・ひなんすな」〈洒・遊子方言

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

くるう【狂う】

( 動五[四] )
精神の平衡を失う。 「嫉妬に-・った男」
常軌を逸して熱中し、社会生活に支障を来すほどになる。おぼれる。 「ギャンブルに-・って家庭をかえりみない」
(他の動詞の下に付けて)夢中になって激しく…する。物事が激しく…する。 「荒れ-・う海」
予測・予定と現実が一致しなくなる。見込みがはずれる。 「政府の経済予測が大幅に-・った」 「雨で試合の日程が-・う」 「勘が-・う」 「手元が-・う」
物事の状態や機械の機能などが正常でなくなる。 「原稿の順序が-・っている」 「この時計は月に一〇秒と-・わない」 「体の調子が-・う」
神霊や物の怪がとりつく。神がかりになる。 「これは物に-・ひたるにやあらむ/宇津保 嵯峨院
かれたように激しく動く。 「八方を走り回りて-・ひけるを/義経記 8
ふざける。じゃれる。 「あれ、御亭さん、-・ひなんすな/洒落本・遊子方言」

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

狂うの関連キーワードカレル フラストラ・ファン・ローン気違い・気狂い絶叫する六十度水天宮利生深川吠える四十度タランチュラごすいでんお夏清十郎気が触れる道成寺縁起手元・手許眼鏡が狂う狂おしい提婆達多番狂わせ生活設計ニンフ気違い怨霊事リズム

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

狂うの関連情報