コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

狂言小歌 きょうげんこうた

3件 の用語解説(狂言小歌の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

狂言小歌
きょうげんこうた

能狂言のなかで歌われる小歌。狂言の流派によって,歌そのものや歌詞に異同があるが,各流の古い書きとめの類から集められた曲は約 180曲。狂言が固定化された室町時代末期から江戸時代初期の小歌と共通する点があり,当時の歌謡を考えるうえで大切な資料。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

きょうげんこうた【狂言小歌】

狂言謡の一種。拍子不合(あわず)の自由リズムで,ヨワ吟の中音で始まり中音で終わるが,ユリと称する独特のバイブレーションおよびポルタメント的旋律を多用した,装飾的で優美繊巧な印象を与える謡。大蔵流では《柴垣》《十七八》《住吉》の3番,和泉流では《鎌倉女郎》《柴垣》《住吉》《春雨》《細布(ほそぬの)》《薬師》の6番が独立した謡い物ないし小舞謡としての小歌だが,ほかに特定の狂言で固有の小歌が謡われる演目に,《花子(はなご)》《金岡》《御茶の水》《石神》《清水座頭》《枕物狂》《節分》《鳴子》などがある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

きょうげんこうた【狂言小歌】

狂言謡の一。「住吉」「柴垣」など、室町時代の俗謡に由来したと考えられる特殊な謡物。恋心をうたったものが多い。能の小歌と区別していう。小歌。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

狂言小歌の関連キーワード地拍子自由リズム狂言謡狂言小謡小舞謡囃子物仕合はせ拍子閑拍子信仰の自由拍子不合

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone