コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

狂言小歌 きょうげんこうた

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

狂言小歌
きょうげんこうた

能狂言のなかで歌われる小歌。狂言の流派によって,歌そのものや歌詞に異同があるが,各流の古い書きとめの類から集められた曲は約 180曲。狂言が固定化された室町時代末期から江戸時代初期の小歌と共通する点があり,当時の歌謡を考えるうえで大切な資料。『閑吟集』などとの前後関係については,一概にいえないが,曲によっては『閑吟集』より新しく,江戸時代初期の歌謡を取入れている場合もある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

きょうげんこうた【狂言小歌】

狂言謡の一種。拍子不合(あわず)の自由リズムで,ヨワ吟中音で始まり中音で終わるが,ユリと称する独特のバイブレーションおよびポルタメント的旋律を多用した,装飾的で優美繊巧な印象を与える謡。大蔵流では《柴垣》《十七八》《住吉》の3番,和泉流では《鎌倉女郎》《柴垣》《住吉》《春雨》《細布(ほそぬの)》《薬師》の6番が独立した謡い物ないし小舞謡としての小歌だが,ほかに特定の狂言で固有の小歌が謡われる演目に,《花子(はなご)》《金岡》《御茶の水》《石神》《清水座頭》《枕物狂》《節分》《鳴子》などがある。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

きょうげんこうた【狂言小歌】

狂言謡の一。「住吉」「柴垣」など、室町時代の俗謡に由来したと考えられる特殊な謡物。恋心をうたったものが多い。能の小歌と区別していう。小歌。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

狂言小歌の関連キーワード人形浄瑠璃能狂言謡物俗謡

今日のキーワード

白根山

① 栃木県と群馬県との境にある火山。山中に五色沼、北麓に丸沼・菅沼がある。海抜25...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android