コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

広大/宏大 コウダイ

デジタル大辞泉の解説

こう‐だい〔クワウ‐〕【広大/×宏大】

[名・形動]広く大きいこと。また、そのさま。「―な家屋敷」⇔狭小
「頭(かしら)の勢力の―なるに驚くにつれて」〈漱石・坑夫〉
[派生]こうだいさ[名]

ひろ‐だい【広大】

広島大学」の略称。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典内の広大/宏大の言及

【申在孝】より

…郷吏身分でありながら官薬房を経営していた父の跡を継いで治産につとめた。財があったため積極的にパンソリ広大(クワンデ)(芸人)を後援するとともに,従来,広大の意の赴くままに歌われていたパンソリ辞説(歌詞)を改訂推敲し,〈春香歌〉〈沈清歌〉〈パク打令〉〈兎鼈(とべつ)歌〉〈赤壁歌〉〈ピョンガンセ歌〉にまとめ上げて辞説文学を打ちたてた。また創作にも筆を染め〈カルチギ打令〉〈烏蟾歌〉〈桃李花歌〉〈広大歌〉等を残している。…

【朝鮮演劇】より

…祭舞,呑刀,吐火などの奇伎や,西域胡人戯,竹馬,処容舞,傀儡戯,百獣舞などの演目である。このような儺戯とともに職業的な才人(ジエイン),広大(クワンデ)らによる雑戯が12世紀の記録にみえている。また功臣を追慕,記念するための演劇や,権勢家の家臣の横暴をあばく風刺劇なども行われたことがうかがえる。…

【パンソリ】より

…そうした意味での洗練整理をした人物としては,両班(ヤンバン)階級の権三得,中人階級の申在孝が知られている。 演者は広大(クワンデ)と呼ばれる流浪賤民の職業的芸能人であった。広大には仮面劇や人形劇,曲芸に進むグループもあったが,パンソリ広大は上記の洗練化とともに〈歌客〉として一段高く見られるようになった。…

※「広大/宏大」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

噴飯物

食べかけの飯をこらえきれずに噴き出してしまうほどに、おかしくてたまらない出来事。もの笑いのたねになるような、みっともない事柄。「政治屋が政界浄化を語るなど噴飯物だ」[補説]文化庁が発表した平成24年度...

続きを読む

コトバンク for iPhone