コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

偏狭/褊狭 ヘンキョウ

デジタル大辞泉の解説

へん‐きょう〔‐ケフ〕【偏狭/×褊狭】

[名・形動]
自分だけの狭い考えにとらわれること。度量の小さいこと。また、そのさま。狭量。「―な考え方」「―な性格」
土地などがせまいこと。また、そのさま。狭小。「―な領土」
[派生]へんきょうさ[名]

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

偏狭/褊狭の関連キーワードガルガンチュアとパンタグリュエルフランシス・アメリア イェーツアンブローズ・G. ビアスポリティカル・コレクトネスエドガ・ワトソン ハウミハイル ブベンノーフ廿世紀之怪物帝国主義アンツェングルーバーマリア・マグダレーネメイン・ストリートファイヤアーベントジャン・クリストフスクルーティニードイツ国家人民党ペール・ギュントパロキアリズムフランス労働党ナショナリズムチャアダーエフノベチェント

今日のキーワード

だまされたふり作戦

「振り込め詐欺」に代表される特殊詐欺事件の警察による捜査手法の一つで、振り込め詐欺と思われる不審な電話があった時、被害者が協力してだまされたふりをし、容疑者の電話番号、振込先、訪問時間などを聞き出し、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android