コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

偏狭/褊狭 ヘンキョウ

デジタル大辞泉の解説

へん‐きょう〔‐ケフ〕【偏狭/×褊狭】

[名・形動]
自分だけの狭い考えにとらわれること。度量の小さいこと。また、そのさま。狭量。「―な考え方」「―な性格」
土地などがせまいこと。また、そのさま。狭小。「―な領土」
[派生]へんきょうさ[名]

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

偏狭/褊狭の関連キーワードガルガンチュアとパンタグリュエルフランシス・アメリア イェーツポリティカル・コレクトネスアンブローズ・G. ビアスエドガ・ワトソン ハウミハイル ブベンノーフアンツェングルーバーマリア・マグダレーネ廿世紀之怪物帝国主義ジャン・クリストフファイヤアーベントメイン・ストリートスクルーティニードイツ国家人民党ペール・ギュントナショナリズムパロキアリズムフランス労働党ノベチェントインドへの道

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android