コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

玉くしげ たまくしげ

大辞林 第三版の解説

たまくしげ【玉くしげ】

国学書。一冊。本居宣長著。1789年刊。国を治める心構えを、宣長の古道説によって論じたもの。政治意見書「秘本玉くしげ」に添えて、87年紀州侯徳川治貞に贈られた。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

百科事典マイペディアの解説

玉くしげ【たまくしげ】

本居宣長(もとおりのりなが)の政治道徳論。玉匣とも書く。1冊。《秘本玉くしげ》(2巻2冊)とともに紀伊(きい)和歌山藩主徳川治貞(はるさだ)に贈られた。《玉くしげ》では古道の大意を説き,〈秘本〉は富の不平等や年貢の苛酷さなどを批判,政治経済の具体論を述べている。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

玉くしげの関連キーワード本居宣長(国学者、神道学者)おもな枕詞とかかり方吉沢検校(2代)余所余所二見の浦ぬらし可惜夜心構え二上山古道学俳論かつしか

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android