コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

現川焼 うつつがわやき

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

現川焼
うつつがわやき

肥前彼杵郡矢上村字現川野 (長崎市現川) で焼かれた陶器。村名から矢上焼とも呼ばれる。元禄年間 (1688~1704) に田中刑部左衛門 (宗悦) が開窯したといわれ,寛保年間 (41~44) に廃窯。刷毛目を用い,呉須鉄砂白土一筆絵付けを施すのが特色。 1895~1903年に馬場藤太夫,1897年頃に檀野勝次が再興したが長く続かなかった。現川焼は京焼風の瀟洒な作風で高い評価がある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉プラスの解説

現川焼

長崎県長崎市(旧・現川村)で生産される焼物元禄時代創始と伝わる。明治以降製造が途絶えていたが、昭和時代に再興された。

出典|小学館デジタル大辞泉プラスについて | 情報

大辞林 第三版の解説

うつつがわやき【現川焼】

現在の長崎市現川町鬼木に、江戸時代に開かれた陶窯。白土を用いた刷毛目はけめを特徴とし、皿・鉢・向付むこうづけが中心。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

現川焼
うつつがわやき

長崎県の陶芸。窯は長崎市現川町(旧諫早(いさはや)藩現川村)に現存する。開窯は江戸時代中期の1691年(元禄4)で、隣接する長与(ながよ)焼が一時休止したその時期に陶土を購入して始まったものらしい。陶技は唐津(からつ)焼を受け止めており、洗練された技術で白化粧、染付、鉄絵を併用した瀟洒(しょうしゃ)な絵付の器皿を焼き、その趣向は京趣味に通ずるものがある。窯業の詳しい実状は明らかではないが、1749年(寛延2)には廃絶した。[矢部良明]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

現川焼の関連キーワード長崎県長崎市重富茂兵衛陶窯