コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

現川焼 うつつがわやき

3件 の用語解説(現川焼の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

現川焼
うつつがわやき

肥前彼杵郡矢上村字現川野 (長崎市現川) で焼かれた陶器。村名から矢上焼とも呼ばれる。元禄年間 (1688~1704) に田中刑部左衛門 (宗悦) が開窯したといわれ,寛保年間 (41~44) に廃窯。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

うつつがわやき【現川焼】

現在の長崎市現川町鬼木に、江戸時代に開かれた陶窯。白土を用いた刷毛目はけめを特徴とし、皿・鉢・向付むこうづけが中心。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

現川焼
うつつがわやき

長崎県の陶芸。窯は長崎市現川町(旧諫早(いさはや)藩現川村)に現存する。開窯は江戸時代中期の1691年(元禄4)で、隣接する長与(ながよ)焼が一時休止したその時期に陶土を購入して始まったものらしい。陶技は唐津(からつ)焼を受け止めており、洗練された技術で白化粧、染付、鉄絵を併用した瀟洒(しょうしゃ)な絵付の器皿を焼き、その趣向は京趣味に通ずるものがある。窯業の詳しい実状は明らかではないが、1749年(寛延2)には廃絶した。[矢部良明]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

現川焼の関連キーワード長崎県長崎市現川町長崎県東彼杵郡東彼杵町蕪郷長崎県東彼杵郡東彼杵町木場郷長崎県東彼杵郡東彼杵町里郷長崎県東彼杵郡東彼杵町彼杵宿郷長崎県東彼杵郡東彼杵町中尾郷長崎県東彼杵郡東彼杵町三根郷長崎県東彼杵郡波佐見町村木郷長崎県長崎市矢上町重富茂兵衛

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

現川焼の関連情報