コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

理念型 りねんけい Idealtypus; ideal type

4件 の用語解説(理念型の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

理念型
りねんけい
Idealtypus; ideal type

理想型ともいう。 M.ウェーバーの社会科学方法論の基礎的概念。現実の一定部分を理解するための手段として,それを思惟のなかで整序し,それ自体矛盾のない理論的コスモスとして構成された一種の理想像が理念型である。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

りねん‐けい【理念型】

《〈ドイツIdealtypusマックス=ウェーバーの用語。複雑多様な現象の中から本質的特徴を抽出し、それらを論理的に組み合わせた理論的モデル。それを現実にあてはめて現実を理解し、説明しようとする理論的手段。現実を素材として構成されるが、現実そのものとは異なる。理想型。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

りねんけい【理念型】

マックス=ウェーバーの社会科学方法論の概念の一。特定の観点より現象の本質的・特徴的側面を抽出、それを純粋化・統一化して矛盾のない論理的な理想像として構成した型。現象を測定・比較し、社会を理解し因果的に認識するための手段となる。理想型。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

理念型
りねんけい
Idealtypusドイツ語

イデアルティプスの訳語。マックス・ウェーバーの社会科学方法論の基本的概念として有名。もともとことばとしてはイェリネックに由来するが、ウェーバーにおいては規範的意味はまったくもたず、純粋に方法的概念として用いられている。したがって、しばしば行われるように、このことばを理想型と訳するのは適当ではない。ウェーバーによれば、社会科学的認識は「経験的現実の思惟(しい)による整序」を目ざすものであるが、「現実をその文化意義と因果連関において認識する」ことを具体的な目的とする。ウェーバーは、基本的にはリッケルトの価値関係的、個性記述的という文化科学の規定から出発しながら、さらにそれを発展させ、単に個性の記述にとどまることなく、文化や社会の個性的特質を普遍的連関と歴史的な形態においてとらえようとする。そのための具体的方法論として構想されたのが理念型論であった。理念型概念は、まず特定の観点を一面的に強調して取り出し、次にこの観点から選択された個別現象を一つの統一ある思惟像に結合することによって得られる。したがってそれは、現実そのものの断片でも模写でもなく、そのままの形では現実のうちにみいだされることはない。このような意味でユートピア的ともいえる性格を、ウェーバーは理念的ということばで表現しているのである。こういう理念型の人為的構成物としての概念性格は、あるべき理想とか模範という意味をもたず、むしろ現代の経済学や心理学で使われるモデル概念に通じるものをもっている。
 ところで、ウェーバーにとって、理念型の構成は目的でなくて手段であった。それは、個性記述の一義的表現手段となるだけでなく、客観的可能性とか適合的連関といった発想とセットになった「因果帰属」の論理に組み込まれ、比較史的方法の手段として、仮説構成に方向を与え、より普遍的認識を引き出すための「発見的価値」をもつとされる。合理化の進展に対してプロテスタンティズムの「世俗的禁欲」が促進的に、他の世界宗教の経済倫理が阻止的に働くことを比較分析した『宗教社会学論集』(1920~21)などにそのみごとな実例をみることができる。『経済と社会』(1921~22)では、これまでの具体的理念型にかわって経済行為や支配の類型などへの抽象的理念型が前景に出てくるが、理念型が、「普遍化的補助手段」として歴史と社会学を媒介する重要な役割を果たしていることに変わりはない。[徳永 恂]
『林道義著『ウェーバー社会学の方法と構想』(1970・岩波書店) ▽M・ウェーバー著、濱島朗・徳永恂訳『ウェーバー 社会学論集』(1971・青木書店)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

理念型の関連キーワードアイススマックブックマッチEマックススマックエースセマックセマック ロックリングファイルマッキーノックまっくうマッドマックス2ラマックス (Lummox)

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

理念型の関連情報