コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

琉璃渓 ルリケイ

4件 の用語解説(琉璃渓の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

るり‐けい【琉璃渓】

京都府中西部、南丹(なんたん)市園部町にある渓谷。大堰(おおい)川支流の園部(そのべ)川上流部の景勝地。約4キロメートルにわたって奇岩・怪岩、深い淵が続く。渓谷の最上部は標高が500メートルを超え、避暑地・キャンプ村として利用されている。国指定名勝。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

るりけい【琉璃渓】

京都府船井郡園部町の南西部にある渓谷。瑠璃渓とも記し,かつては滑石(なめらいし)と呼ばれた。国の名勝。園部川上流部の古生層の山地の浸食谷で,渓谷は延長約4km。最上部の標高が約500m,渓谷が終わる同町大河内おかわち)の小盆地は標高約300m。渓谷には花コウ岩,石英粗面岩が露出し,奇岩怪石,滝が多い。上流には人造湖の通天湖があり,一帯は府立自然公園となっている。【金田 章裕】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本の地名がわかる事典の解説

〔京都府〕琉璃渓(るりけい)


京都府南丹(なんたん)市南西部、淀(よど)川水系の園部(そのべ)川上流が丹波高地を刻む渓谷。奇岩・瀑布(ばくふ)が多く、上流に人造湖の通天(つうてん)湖がある。延長約4km。国指定の名勝。一帯は京阪神(けいはんしん)からの日帰り行楽圏で、釣り・キャンプなどができる。京都府立るり渓自然公園に属する。瑠璃渓とも書く。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

琉璃渓
るりけい

京都府西部、南丹(なんたん)市にある渓谷。瑠璃(るり)渓とも記す。国指定名勝。大堰(おおい)川の支流園部川の上流部で、約4キロメートルにわたって奇岩、深淵(しんえん)があり、府立るり渓自然公園に指定されている。サクラ、モミジが多く、上流には人造湖の通天(つうてん)湖がある。標高500メートルの高原にあるため避暑にも利用されている。JR山陰本線園部駅からバスの便がある。[織田武雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

琉璃渓の関連キーワード大堰川園部藩名栗渓谷ビントガル渓谷丹波マーケス瑞穂の里・さらびき園部[町]上野盤山野口荘

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone