琉璃渓(読み)るりけい

日本大百科全書(ニッポニカ)「琉璃渓」の解説

琉璃渓
るりけい

京都府西部、南丹(なんたん)市にある渓谷。瑠璃渓(るりけい)とも記す。国指定名勝。大堰(おおい)川の支流園部川の上流部で、約4キロメートルにわたって奇岩、深淵(しんえん)があり、府立るり渓自然公園に指定されている。サクラ、モミジが多く、上流には人造湖の通天(つうてん)湖がある。標高500メートルの高原にあるため避暑にも利用されている。JR山陰本線園部駅からバスの便がある。

織田武雄

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

デジタル大辞泉「琉璃渓」の解説

るり‐けい【琉璃渓】

京都府中西部、南丹(なんたん)市園部町にある渓谷。大堰(おおい)川支流の園部(そのべ)川上流部の景勝地。約4キロメートルにわたって奇岩・怪岩、深い淵が続く。渓谷の最上部は標高が500メートルを超え、避暑地・キャンプ村として利用されている。国指定名勝。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版「琉璃渓」の解説

るりけい【琉璃渓】

京都府船井郡園部町の南西部にある渓谷。瑠璃渓とも記し,かつては滑石(なめらいし)と呼ばれた。国の名勝。園部川上流部の古生層の山地の浸食谷で,渓谷は延長約4km。最上部の標高が約500m,渓谷が終わる同町大河内(おかわち)の小盆地は標高約300m。渓谷には花コウ岩,石英粗面岩が露出し,奇岩怪石,滝が多い。上流には人造湖の通天湖があり,一帯は府立自然公園となっている。【金田 章裕】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

李下に冠を正さず

《スモモの木の下で冠をかぶりなおそうとして手を上げると、実を盗むのかと疑われるから、そこでは直すべきではないという意の、古楽府「君子行」から》人から疑いをかけられるような行いは避けるべきであるというこ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android