コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

瑞鳳寺(読み)ズイホウジ

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

瑞鳳寺
ずいほうじ

宮城県仙台市青葉区霊屋下(おたまやした)にある臨済(りんざい)宗妙心寺派の寺。山号は正宗山(しょうしゅうざん)。本尊は釈迦(しゃか)三尊。1634年(寛永11)初代仙台藩主伊達政宗(だてまさむね)の命により清岳宗拙(せいがくそうせつ)が開創。政宗(瑞鳳殿)、忠宗(ただむね)(感仙殿)、綱宗(つなむね)(善応殿)3代の霊廟(れいびょう)を安置していたが、戦災のため惜しくも諸堂とともに焼失した。その後再建された瑞鳳殿は、豪華な桃山風建築で、その結構の壮麗さは日光東照宮に次ぐものといわれている。一帯は古松老杉が茂り、寺に幽趣を添えている。[平井俊榮]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

瑞鳳寺の関連情報