コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

甘菜 アマナ

デジタル大辞泉の解説

あま‐な【甘菜】

ユリ科の多年草。日当たりのよい原野に生える。卵形鱗茎(りんけい)から広線形の葉が2枚出る。春、約20センチの茎の先に白い花を1個開く。鱗茎を食用とする。むぎぐわい。まつばゆり。

かん‐さい【甘菜】

サトウダイコンの別名。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

あまな【甘菜】

ユリ科の多年草。鱗茎からニラに似た葉を二枚出す。春、暗紫色の筋のある六弁の白花を開く。鱗茎は食用。ムギグワイ。
ナルコユリの古名。 〔新撰字鏡〕
アマドコロの古名。 〔和名抄〕

かんさい【甘菜】

サトウダイコンの別名。 「 -糖」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

甘菜 (アマナ)

学名:Tulipa edulis
植物。ユリ科の多年草,園芸植物,薬用植物

甘菜 (アマナ)

植物。鳴子百合・船腹草・萎蕤・麻黄・釣鐘人参の古名または,萱草・擬宝珠の別称

甘菜 (アマナ・カンサイ)

植物。アカザ科の越年草,薬用植物。サトウジシャの別称

甘菜 (アマナ)

植物。キキョウ科の多年草,薬用植物。ツリガネニンジンの別称

甘菜 (アマナ)

植物。ユリ科の多年草,園芸植物。ギボウシの別称

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

甘菜の関連キーワードムギグワイ砂糖大根水谷果穂和名抄

今日のキーワード

白根山

① 栃木県と群馬県との境にある火山。山中に五色沼、北麓に丸沼・菅沼がある。海抜25...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android