コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

生きてゐる小平次 いきているこへいじ

世界大百科事典 第2版の解説

いきているこへいじ【生きてゐる小平次】

戯曲。3幕。鈴木泉三郎作。1925年(大正14)6月東京新橋演舞場初演。配役は小幡小平次を13世守田勘弥,那古の太九郎を6世尾上菊五郎,太九郎妻おちかを市川鬼丸(後の3世尾上多賀之丞)。山東京伝合巻《復讐奇談安積沼(ふくしゆうきだんあさかぬま)》,4世鶴屋南北の《彩入御伽艸(いろえいりおとぎぞうし)》,黙阿弥の《怪談小幡小平次(かいだんこはだこへいじ)》などに材を仰ぐが,なお本作品が間接的影響を受けたものとして谷崎潤一郎作《お国と五平》(1922初演)が考えられる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

生きてゐる小平次
いきているこへいじ

鈴木泉三郎(せんざぶろう)作の戯曲。3幕。1924年(大正13)8月『演劇新潮』に発表。翌1925年6月新橋演舞場で、6世尾上(おのえ)菊五郎、13世守田勘弥(かんや)、市川鬼丸(きがん)(3世尾上多賀之丞(たがのじょう))により初演。歌舞伎(かぶき)役者小幡(こはた)小平次は、囃方(はやしかた)の那古(なこ)太九郎の女房おちかと深い仲になっていたが、奥州安積(あさか)沼で、太九郎におちかをくれと頼み、太九郎に舟から突き落とされる。殺されたはずの小平次は、太九郎・おちかの前に現れ、ふたたび2人に殺される。が、江戸を逃げ出した2人のあとを、小平次らしい男がつけていく。古くからある怪談伝説を素材に、殺人者の罪の意識と妄想に近代的な解釈を加えた着想が新しく、夭折(ようせつ)した作者の絶筆であり、新歌舞伎の代表作となった。[藤木宏幸]
『『現代日本戯曲選集 4』(1955・白水社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

生きてゐる小平次の関連キーワード怪異談生きてゐる小平次鈴木 泉三郎中川 信夫中川信夫

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android