コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

生きてゐる小平次 いきているこへいじ

2件 の用語解説(生きてゐる小平次の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

いきているこへいじ【生きてゐる小平次】

戯曲。3幕。鈴木泉三郎作。1925年(大正14)6月東京新橋演舞場初演。配役は小幡小平次を13世守田勘弥,那古の太九郎を6世尾上菊五郎,太九郎妻おちかを市川鬼丸(後の3世尾上多賀之丞)。山東京伝の合巻《復讐奇談安積沼(ふくしゆうきだんあさかぬま)》,4世鶴屋南北の《彩入御伽艸(いろえいりおとぎぞうし)》,黙阿弥の《怪談小幡小平次(かいだんこはだこへいじ)》などに材を仰ぐが,なお本作品が間接的影響を受けたものとして谷崎潤一郎《お国と五平》(1922初演)が考えられる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

生きてゐる小平次
いきているこへいじ

鈴木泉三郎(せんざぶろう)作の戯曲。3幕。1924年(大正13)8月『演劇新潮』に発表。翌1925年6月新橋演舞場で、6世尾上(おのえ)菊五郎、13世守田勘弥(かんや)、市川鬼丸(きがん)(3世尾上多賀之丞(たがのじょう))により初演。歌舞伎(かぶき)役者小幡(こはた)小平次は、囃方(はやしかた)の那古(なこ)太九郎の女房おちかと深い仲になっていたが、奥州安積(あさか)沼で、太九郎におちかをくれと頼み、太九郎に舟から突き落とされる。殺されたはずの小平次は、太九郎・おちかの前に現れ、ふたたび2人に殺される。が、江戸を逃げ出した2人のあとを、小平次らしい男がつけていく。古くからある怪談伝説を素材に、殺人者の罪の意識と妄想に近代的な解釈を加えた着想が新しく、夭折(ようせつ)した作者の絶筆であり、新歌舞伎の代表作となった。[藤木宏幸]
『『現代日本戯曲選集 4』(1955・白水社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

生きてゐる小平次の関連キーワード小泉三申出家とその弟子鈴木泉三郎わが町菖蒲浴衣アルルの女乙部泉三郎鈴木三郎助(3代)鈴木摠兵衛(8代)

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone