生名(読み)いきな

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

生名
いきな

愛媛県北東部,上島町の旧村域。芸予諸島生名島と付属島 (平内島亀島鶴島,坪木島) からなる。 2004年魚島村,弓削町,岩城村と合体し上島町となる。江戸時代は松山藩の流刑地として知られ,家老奥平氏が流されたことがある。養殖漁業が行なわれ,農業との兼業で対岸の広島県尾道市の造船所への通勤者が多い。島の一部は瀬戸内海国立公園に属する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

生名
いきな

愛媛県北東部、越智(おち)郡にあった旧村名(生名村(むら))。1956年(昭和31)広島県因島(いんのしま)市(現、尾道(おのみち)市因島)への合併が決議されたが、県の反対で流れた。2004年(平成16)弓削(ゆげ)町、魚島(うおしま)村、岩城(いわぎ)村と合併、上島(かみじま)町となる。旧村域は、芸予(げいよ)諸島の一部上島諸島の生名島といくつかの無人島からなり、現在は上島町の西部を占める。因島、今治(いまばり)港などとの間に航路がある。名称は、中世の荘園(しょうえん)に由来する。島の北部の立石(たていし)山にはドルメン遺跡(巨石群)があり、因島村上水軍の城跡、見張所跡、製塩の遺跡などもある。近世には松山藩の流刑地であった。農業、漁業よりも因島の通勤圏としての性格が強く、その経済圏となっている。瀬戸内海国立公園域。[横山昭市]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

寒暖差アレルギー

寒暖の差により鼻の奥の毛細血管が詰まり、鼻の粘膜が腫れることで起きる鼻炎。医学的には血管運動性鼻炎の一種とされる。多くの場合秋から冬にかけて1日の寒暖差が大きい時期や冷房による急な温度変化などにより起...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

生名の関連情報