コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

生徒会 せいとかい

4件 の用語解説(生徒会の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

生徒会
せいとかい

中学校,高等学校で自主的活動を促し,民主的社会の構成員としての資質を育成する目的で,全校生徒集団で構成する自治組織学習指導要領中学校では特別活動の一分野として,高等学校では各教科以外の教育活動として,教師の指導のもとに運営されることを求めているが,生徒の要求に基づく組織的活動を基本とすべきだという主張もある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

せいと‐かい〔‐クワイ〕【生徒会】

中学校・高等学校で、生徒の自治意識を育てるために設けられる組織。学校生活の改善・向上、各種の生徒活動の連絡調整、学校行事への協力などの活動を行う。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

せいとかい【生徒会】

理念的には,民主的な市民の一員となりうるように中等学校に組織された全員加入の自治組織。小学校には児童会と呼ばれる組織がある。それは,生徒の学校生活上の諸問題の自治的解決を行いつつ,学校運営への生徒参加を組織していくものとされているが,現実は往々にして学校の非民主性のために理念どおりに展開されているとはいえない。生徒の自治活動と学校運営への生徒参加が教育課程のなかにとりこまれるようになったのは,20世紀初頭のアメリカにおいてである。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

せいとかい【生徒会】

中学校・高等学校において、生徒の自治的態度を養うために設けられる特別活動の組織。全校生徒の自主的な運営により、学校生活の改善やクラブ活動・学級活動などの連絡調整を行う。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

生徒会の関連キーワード国民主義市民運動世界市民主義政治参加十界互具民主化民主的己を知りうる者は賢者なり民主主義の赤字市民派

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

生徒会の関連情報