コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

産業防衛闘争 さんぎょうぼうえいとうそう

世界大百科事典 第2版の解説

さんぎょうぼうえいとうそう【産業防衛闘争】

経済安定九原則やドッジ・ラインに基づき,1948年暮れから多くの産業で企業整備(企業閉鎖や企業規模縮小)・大量解雇が強行されたが,これに反対するため産別会議を中心とした労働組合がたてた闘争方針。進歩的民族資本・市民・農民と結び,〈産業・郷土を守れ〉をスローガン地域人民闘争・対地方自治体闘争を組み,これを吉田茂内閣打倒の政治闘争に発展させることをめざした。しかし,方針自体に政治情勢認識・具体的戦術等の問題点があり,十分な成果を上げなかった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

闇ポテチ

2017年に起こったジャガイモ不足を発端に、非正規のルートで流通したポテトチップスのこと。16年の台風被害などで原料となる北海道産ジャガイモの収穫量が減少したことを受け、17年3月に株式会社湖池屋が、...

続きを読む

コトバンク for iPhone