コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

産褥期の送り方 さんじょくきのおくりかた

1件 の用語解説(産褥期の送り方の意味・用語解説を検索)

家庭医学館の解説

さんじょくきのおくりかた【産褥期の送り方】

 お産のあとの生活の目安は、表「産後の生活カレンダー」に示したとおりですが、産褥期はいろいろな異常がおこりやすい時期です。つぎのようなことを心がけ、異常がおこらないように十分注意しましょう。
子宮復古(しきゅうふっこ)の助成
 子宮が収縮してもとの状態にもどることを子宮復古といいます。子宮の収縮をよくするために、膀胱(ぼうこう)や直腸の充満(尿をがまんしすぎたり、便秘になること)を避け、また、悪露(おろ)(コラム産褥期とは」)が子宮内にたまらないようにしましょう。母乳哺育(ほいく)による乳頭吸引刺激(にゅうとうきゅういんしげき)も子宮復古を促進します。腹部や腰部の筋肉がゆるんでいるので、腹帯(コルセット式など)を産後6~8週間つけます。産褥体操(この項目の産褥体操)も、食欲を増進させ、血液循環をよくして、全身の筋肉の回復を助けます。
●感染予防
 全身の清潔と、局所の感染予防にとくに気をつけます。産褥期は、汗、乳汁(にゅうじゅう)、悪露などで不潔になりやすく、細菌感染も受けやすいので、全身の清潔と着衣の交換が必要です。
 産褥1~2日は全身清拭(せいしき)、産褥3日ごろからシャワー浴を行ないます。
 排尿・排便後は、局所の消毒と悪露交換(あて綿をとりかえる)を必ず行ない、外陰(がいいん)とその周囲を清潔にして感染を防ぎましょう。そして、手指をよく洗うこともたいせつです。
乳汁分泌(ぶんぴつ)の促進
 母乳は、乳房(にゅうぼう)マッサージ赤ちゃんの哺乳、栄養の増進、精神の安静、休養などにより、よく出るようになります。また、食事は、たんぱく質、脂肪、カルシウムビタミンA、ビタミンB1などの栄養素を十分とりましょう。
 産褥1~3日ごろは、分娩(ぶんべん)による疲労や、情緒の不安定神経過敏といった状態になっているので、家族は家庭内の問題をもちだしたりせず、面会人を制限するなどして、精神的負担をかけないようにし、安静と睡眠を十分とるようにします。
 分娩直後、お母さんと赤ちゃんができるだけ早く接触することは、母児間の愛着形成や、お母さんの精神的安定のためにもたいせつです。
 乳房マッサージの目的は、乳腺(にゅうせん)刺激により血行をよくし、乳汁を出やすくして、うっ滞(たい)(たまってしまうこと)による痛みを軽くし、乳腺炎(にゅうせんえん)などを予防することです。赤ちゃんの乳頭吸引刺激も母乳の出をよくします。
●日常生活の注意
 産道(さんどう)の損傷や合併症がなければ、分娩後6~12時間で歩行を始めます。産褥第3週ごろには床を離れ、入浴しましょう。外出は約1か月後とし、仕事や旅行などは2か月をすぎてからにします。産後第6~7週ごろになり、全身および子宮・腟(ちつ)・外陰の回復がよければ、正常生活にもどります。
 産褥初期には、腹壁(ふくへき)がゆるんでいるために、排尿しにくいことがあります。分娩後6時間たっても自然排尿ができなければ、カテーテルで人工排尿します。分娩後3日以上排便がないときには、子宮の回復を妨げますので、浣腸(かんちょう)や緩下剤(かんげざい)などで便を出すようにします。
 また、産褥期のお母さんは、赤ちゃんを得た喜びと、分娩による心身の疲労や、育児に対する不安などから、精神的に不安定な状態にあります。部屋を静かにして、家族以外の面会を制限し、睡眠・休養の時間を多くとるようにしましょう。
●産褥体操(さんじょくたいそう)
 妊娠・分娩によってのびた腹部や骨盤(こつばん)のまわりの筋肉の回復を早め、血液のめぐりをよくして、下腹部のうっ血を防ぎ、子宮・腟・外陰の回復を助ける効果があります。
 分娩の翌日から、簡単な運動を始めましょう。まず、胸式呼吸と足の運動から始め、2日目は、腹式呼吸・頭を起こす運動・上肢(じょうし)の運動・足の運動を行ないます。産褥3~4日目には、腹筋の運動・上肢の運動・足の運動・骨盤と関節の運動、産褥5~6日目には、下半身の運動・骨盤をよじる運動と、日数が進むにつれて運動の程度を強め、回数も増やします。運動は一度に10回くり返し、これを1日2回ぐらい行ないます。産褥2か月間は、できるだけ続けましょう(図「産褥体操の一例(1)」図「産褥体操の一例(2)」図「産褥体操の一例(3)」)。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。この事典によって自己判断、自己治療をすることはお止めください。あくまで症状と病気の関係についてのおおよその知識を得るためのものとお考えください。

産褥期の送り方の関連キーワードバースプラン迂回生産家庭経済言語生活国民生活白書後腹産後精神生活森の生活後の祭

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone