コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

田中義成 たなかよしなり

4件 の用語解説(田中義成の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

田中義成
たなかよしなり

[生]万延1(1860).3.15. 江戸
[没]1919.11.5. 東京
日本史家。 1876年太政官修史局繕写生を振出しに,東京大学で史料編纂官として日本史史料の採訪,編纂,講義に専念。『大日本史料』創刊に尽力するとともに,中世史上の「吉野朝時代」という用語を排して「南北朝時代」の実態を究明した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

田中義成 たなか-よしなり

1860-1919 明治-大正時代の日本史学者。
安政7年3月15日生まれ。明治38年東京帝大史料編纂官(へんさんかん)兼同帝大教授。「大日本史料」などの編修にあたり,実証主義の立場から中世政治史を研究,南北朝並立の主張をつらぬいた。大正8年11月4日死去。60歳。没後講義内容が「南北朝時代史」「豊臣時代史」などとして刊行された。江戸出身。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

田中義成

没年:大正8.11.4(1919)
生年:万延1.3.15(1860.4.5)
明治大正期の歴史家。文学博士。史料編纂官。江戸築地に生まれる。父は一橋家家臣。明治7(1874)年,太政官正院歴史課に写字生として雇われ,生涯を修史事業に尽くした。38年東京帝大文科大学史料編纂官兼文科大学教授。『大日本史料』の出版に努め,室町幕府から織豊政権にいたる政治史の骨格を確立した。苦学力行の人物で,史料批判の識見が優れ,のちの東大史料編纂所の学風を確立するのに貢献した。<著作>『南北朝時代史』『足利時代史』『織田時代史』『豊臣時代史』<参考文献>『東京帝国大学学術大観』,辻善之助先生誕生百年記念会編『辻善之助博士自歴年譜考』,三上参次明治時代の歴史学界』

(秋元信英)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

田中義成
たなかよしなり
(1860―1919)

明治~大正期の歴史家。安政(あんせい)7年3月15日江戸に生まれる。1876年(明治9)太政官(だじょうかん)修史局二等繕写生(ぜんしゃせい)(写字生)となり、88年帝国大学書記、92年同文科大学史誌編纂(へんさん)委員、95年史料編纂掛編纂委員などを歴任して史料収集と編纂に努めた。また92年からは助教授を兼任して国史などを講義し、綿密な史料調査・検討に基づく実証的な論考を発表、98年からは中世政治史の研究・講義に専念した。1900年(明治33)編纂掛部長に就任(のち史料編纂会編纂主任)、以後『大日本史料』第六編の編纂に従事。03年文学博士となる。19年(大正8)史料編纂官を辞任、同年11月5日に病没した。
 1903年からの『大日本史料』第六編之三の編纂過程では、北朝の光明(こうみょう)天皇も天皇と認め、南北両朝併立を主張。11年からの南北朝正閏(せいじゅん)論争により、南朝を正統として吉野朝時代の名称を用いることが大勢を占めるようになったのちも、南北朝併立論を貫いた。講義は、没後『南北朝時代史』(1922・明治書院)、『足利(あしかが)時代史』(1923・同)、『織田時代史』(1924・同)、『豊臣(とよとみ)時代史』(1925・同)としてまとめられた。とくに『南北朝時代史』はその後の南北朝期研究の出発点となった。[権平慶子]
『永原慶二・鹿野政直編『日本の歴史家』(1976・日本評論社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

田中義成の関連キーワード維新史料編纂会史料編纂所星野恒相田二郎岡部精一小野晃嗣高柳光寿中原邦平八代国治渡辺世祐

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone

田中義成の関連情報