コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

南北朝正閏論 なんぼくちょうせいじゅんろん

4件 の用語解説(南北朝正閏論の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

南北朝正閏論
なんぼくちょうせいじゅんろん

南朝北朝両皇統のうち,いずれが正統かとする論争。おもに南朝正統論者により論じられてきた。南北朝当時,北畠親房は『神皇正統記』で南朝を,洞院公賢は『園太暦』で北朝を正統とした。江戸時代には儒者,国学者たちが南朝正統を主張し,水戸藩の『大日本史』が編纂され,幕末の勤王派に大きな影響を与えた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

なんぼくちょう‐せいじゅんろん〔ナンボクテウ‐〕【南北朝正×閏論】

南朝北朝のどちらを正統とするかについての論争。「神皇正統記」や「大日本史」以来の経緯があるが、明治44年(1911)両朝を対等とした国定教科書の記述が問題化し、執筆者の文部省編修官喜田貞吉休職処分となり、以後、南朝を正統とする考え方第二次大戦敗戦時まで支配的となった。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

なんぼくちょうせいじゅんろん【南北朝正閏論】

南朝と北朝の対立について、どちらを正統とするかについての論争。1911年(明治44)国定教科書の両朝並立の記述が批判され、右翼と政府の圧力により教科書編纂官喜田貞吉が休職処分となり、南朝を正統とする教科書に改訂される事件が起こった。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

南北朝正閏論
なんぼくちょうせいじゅんろん

中世の南朝と北朝のいずれが正統であるかについての論争。1911年(明治44)政治問題となった。この問題については、南朝正統説の北畠親房(きたばたけちかふさ)『神皇正統記(じんのうしょうとうき)』、北朝正統説の『梅松論(ばいしょうろん)』のごとく古来から議論のあるところであったが、一般的には北朝正統説が優位で、天皇の歴代もそれに従ってきた。近世において、名分論にたつ水戸藩の『大日本史』や頼山陽(らいさんよう)の『日本外史』などにより南朝正統説が強く主張されたが、近代になると、帝国大学の考証史学者らにより両朝併立説がとられるに至った。1903年より小学教科書は国定となったが、最初の国定教科書である『小学日本史』は併立説であり、その改訂版で09年刊の『尋常小学日本歴史』もそれを踏襲した。ところが翌10年末から教育者間で問題視され始め、11年1月『読売新聞』に両朝併立説を非難する投書が載ったことから表面化、2月衆議院議員藤沢元造が政府(第二次桂(かつら)太郎内閣)に質問書を提出して処決を迫り政治問題化した。藤沢らは、おりからの大逆事件(10年6月検挙開始、11年1月処刑)と関連させ、こうした事件が起こるのも文部省の歴史教育の方針が当を得ないからだと論難。進退問題に進展しかねない状況下で、桂首相は藤沢に会見して教科書の改訂を約し、これを受けて小松原英太郎文相は同教科書の使用禁止を命令、さらに執筆者の喜田貞吉(きたさだきち)文部省編修官を休職とし、教科書の改訂を強行するに至った。改訂された教科書では「南北朝」の項(第23項)が「吉野の朝廷」に変わり、天皇の歴代表から北朝は除かれた。以後、田中義成(よしなり)『南北朝時代史』(1922)などが両朝併立説を主張したが、一般には南朝正統説が太平洋戦争敗戦まで支配した。戦前における代表的な学問弾圧事件であり、皇国史観を国民に強制し天皇制イデオロギー確立を促した事件であった。[阿部恒久]
『喜田貞吉著『還暦記念六十年之回顧』(1933・私家版) ▽向坂逸郎編『嵐のなかの百年――学問弾圧小史』(1952・勁草書房)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

南北朝正閏論の関連キーワード南朝倭の五王朝と宋書南北朝南朝鮮大原合戦正平一統広南朝南朝方

今日のキーワード

アレルギー

語源はギリシャ語。「変わった(変えられた)働き」です。関係しているのは、人間の免疫システム。免疫は本来、人の体を守る仕組みですが、ときに過剰反応し、不快な症状を引き起こすことがあります。それがアレルギ...

続きを読む

コトバンク for iPhone