コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

田中耕一 たなかこういち

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

田中耕一
たなかこういち

[生]1959.8.3. 富山
研究開発技術者。 2002年「生体高分子の同定および構造解析のための手法の開発」のうちの「質量分析のための『脱イオン化法』の開発」で J.フェン,K.ビュートリヒらとともにノーベル化学賞受賞した。 1983年東北大学工学部電気工学科卒業。同年島津製作所 (京都市) に入社。 2002年から同社分析計測事業部ライフサイエンスビジネスユニットライフサイエンス研究所勤務。同年同社フェロー。分子量が大きいため,その構造や分子量を簡単に調べることができなかった蛋白質など生体を構成している高分子に対し,田中は 1987年にある種の有機物質を混ぜたもの (マトリックス) にレーザー光をあてると,高分子が壊れないままにイオン化することを確認,電場をかけた中で飛ばして分子量を調べる質量分析法に応用できることを示した。この方法は,その後,ドイツのグループが発展させ「マトリックス支援レーザー脱イオン化質量分析法 MALDI」として実用化された。高分子の分子量を調べることは,遺伝子が調べられたあとの蛋白質分析などいわゆるポストゲノムの生物学では不可欠で,MALDIはフェンの開発したエレクトロスプレーイオン化法とともに多くの実験室で使われている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

田中耕一【たなかこういち】

化学者。富山県生まれ。東北大学工学部卒業後,1983年島津製作所に入社。同社の中央研究所にてタンパク質の質量分析に携わる。英国での研究などを経て,2003年より田中耕一記念質量分析研究所所長。
→関連項目ノーベル賞

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

田中耕一 たなか-こういち

1959- 昭和後期-平成時代の生化学者。
昭和34年8月3日生まれ。昭和58年東北大工学部電気工学科を卒業,島津製作所に入社。62年タンパク質の質量やアミノ酸の配列を測る「ソフトレーザー脱離法」を開発。平成14年「生体高分子の同定と構造解析のための手法の開発」により,J.B.フェン,K.ビュートリッヒとともにノーベル化学賞。同年文化勲章。島津製作所フェロー執行役員待遇,同田中耕一記念質量分析研究所所長。18年学士院会員。21年東大医科学研究所客員教授。富山県出身。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

田中耕一
たなかこういち
(1959― )

化学技術者。富山市生まれ。1983年(昭和58)東北大学工学部電気工学科卒業。同年島津製作所入社、技術研究本部中央研究所に配属。その後同社計測事業本部、イギリスの関連会社出向等を経て、2002年(平成14)5月同社分析計測事業部ライフサイエンス研究所配属、同年11月島津製作所フェロー。2003年1月田中耕一記念質量分析研究所所長となる。生体高分子の質量分析法「脱離イオン化法」の開発が評価され、「生体高分子の同定および構造解析のための手法の開発」によりアメリカのJ・B・フェン、スイスのK・ビュートリッヒとともに2002年のノーベル化学賞を受賞。学士での受賞はノーベル化学賞初である。田中の受賞が発表された前日には、東京大学名誉教授小柴昌俊(こしばまさとし)の物理学賞受賞が決定しており、日本初の同年2名のノーベル賞受賞となった。タンパク質などの生体高分子は生物を支えるうえで重要であるが、これを分析する技術は、新薬開発やバイオテクノロジーなどで応用されている。同2002年、文化功労者に選ばれ、文化勲章を受章、また東北大学名誉博士号を受けた。2006年学士院会員となる。[編集部]
『田中耕一著『生涯最高の失敗』(2003・朝日選書)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

田中耕一の関連キーワード最先端研究開発支援プログラム島津製作所創業記念資料館クルト ヴュートリッヒカイ レイニウス高分子ポリマーノーベル街道分子生物学富山中部高

今日のキーワード

ブラックフライデー

米国などで、感謝祭(11月第4木曜日)の翌日の金曜日のこと。休日とする職場が多く、商店にとってはクリスマス商戦の初日に当たる。「ブラック」は、買い物客による混雑、または黒字を連想させることから。→サイ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

田中耕一の関連情報