コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

印象主義音楽 いんしょうしゅぎおんがく impressionistic music

2件 の用語解説(印象主義音楽の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

印象主義音楽
いんしょうしゅぎおんがく
impressionistic music

19~20世紀初めフランスを中心に起ったモネらの印象主義絵画や,マラルメらの象徴詩に影響を受け,ドビュッシーの『牧神の午後への前奏曲』に始る現代音楽の一派。光,波,風,匂い,音など,ただちに消失したり変化する瞬間的な生気に満ちた感応,イメージを音楽的イデーとして描く。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

印象主義音楽
いんしょうしゅぎおんがく

1890年代から1910年代のフランス音楽、とくにクロード・ドビュッシーの音楽様式をさす。絵画の分野で用いられていた「印象主義」の用語を音楽に適用した最初の例は、1887年12月31日付けのフランス・アカデミーの『官報』で、ドビュッシーがアカデミーに提出した交響組曲『春』について、次のように記されている。「ドビュッシー氏には、確かに平凡とか陳腐という欠点がない。氏はまったく反対に、珍奇なるものを求めるという極端な傾向にある。氏は音楽の色彩感覚を強調するあまり、しばしば、正確な形式やデッサンの重要さを忘れている。氏はこの漠然とした印象主義から身を守る必要がある。」
 初め否定的な意味で使われていたこの用語は、20世紀に入ってから肯定的な意味で用いられるようになる。ドビュッシー自身も自作の管弦楽曲『夜想曲(ノクチュルヌ)』(1900初演。「雲」「祭り」「シレーヌ」の3部からなる)の解説文で、「ここで問題なのは、夜想曲という通常の形式ではなく、このことばに含まれている特殊な印象と光である」と述べている。印象主義の音楽は、雲、霧、水、波などの自然の流動的な情景を題材として、光と影の交錯する瞬間のイメージを、五音音階、教会旋法、全音音階、3連音符や5連音符のような非合理的なリズム、調性や機能和声から離れた響き、ピアニッシモを基本とするディナミーク、豊かで色彩的なオーケストレーション、テンポ・ルバートを多用する自在に変化するテンポなどによって表現した。ドビュッシーは初期の『牧神の午後への前奏曲』(1894)から晩年の『遊戯』(1913)まで、印象主義の作風によって作曲した。印象主義は、楽派として一派をなすには至らなかったが、デュカース、ルーセル、ラベル、ストラビンスキーら多くの作曲家に影響を与え、第二次世界大戦後は、ブーレーズやシュトックハウゼンも、前衛音楽の遠い出発点として、印象主義の音楽を評価している。[船山 隆]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

印象主義音楽の関連キーワードイルドフランス後期印象派世紀病聖史劇デカダンスペタンクアールヌーボーカロリングルネサンスノルマンディー公国ロンド

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

印象主義音楽の関連情報