コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

田舎司祭の日記 いなかしさいのにっき Journal d'un curé de campagne

3件 の用語解説(田舎司祭の日記の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

田舎司祭の日記
いなかしさいのにっき
Journal d'un curé de campagne

フランスの作家 G.ベルナノスの小説。 1936年刊。絶望と病苦に悩む若い司祭の日記という形式をとったカトリック小説の傑作。 50年に R.ブレッソンの監督で映画化された。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

いなかしさいのにっき〔ゐなかシサイのニツキ〕【田舎司祭の日記】

《原題、〈フランスJournal d'un curé de campagneベルナノスの小説。1936年刊。信仰を失った人々の魂の救済をめざす青年司祭が、貧しさゆえの病により夭折(ようせつ)する姿を通し、現代における聖性の問題を鋭く描いた長編。同年のアカデミーフランセーズ小説賞を受賞。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

田舎司祭の日記
いなかしさいのにっき
Journal d'un cur de campagne

フランスの作家ベルナノス長編小説。1936年刊。北フランスの寒村アンブリクールの司祭に任命された若い聖職者の日記という形式で展開される。貧しいうえに健康の優れぬ主人公が、世の良識を形づくるあらゆる欺瞞(ぎまん)と闘い、そのため教区の住民からさまざまな嫌がらせを受け、転任が決まった直後ぶどう酒とパンのみという粗食ゆえの胃癌(いがん)を宣告され、死への恐怖のうちに夭折(ようせつ)するという物語。作者は、この司祭に対してその信仰をおとしめようとする小悪魔、城主の令嬢シャンタルを配することによって、現代における聖性の問題を提起し、同時代の青春に大きな影響を与えた。36年アカデミー・フランセーズ小説大賞受賞。[渡辺一民]
『渡辺一民訳『田舎司祭の日記』(1977・春秋社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

田舎司祭の日記の関連キーワードサンピエールベルナノスベルナーオーバーラントゴンクールアルザスの宿うたかたの恋エディ・フランクスの選択氷のスフィンクスシランクスベルナルダン・ド・サン・ピエール

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone