コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

田部井淳子 たべい じゅんこ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

田部井淳子 たべい-じゅんこ

1939- 昭和後期-平成時代の登山家。
昭和14年9月22日生まれ。45年アンナプルナIII峰に登頂。50年女性初のエベレスト登頂。のちモンブラン,キリマンジャロ,アコンカグア,マッキンリー,南極ビンソンマシフ,ニューギニアのカルストン-ピラミッドと7大陸の最高峰を踏破。山岳環境保護団体HAT-J代表をつとめる。福島県出身。昭和女子大卒。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

デジタル大辞泉の解説

たべい‐じゅんこ〔たべゐ‐〕【田部井淳子】

[1939~2016]登山家。福島の生まれ。昭和50年(1975)、女性初のエベレスト登頂に成功。平成4年(1992)には、女性初のセブンサミット登頂者となった。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

タレントデータバンクの解説

田部井 淳子


芸名
田部井 淳子

性別
女性

生年月日
1939/09/22

星座
おとめ座

干支
卯年

血液型
A

出身地
福島県

職種
文化人

プロフィール
1962年、昭和女子英米文学科卒業。1975年、女子登山隊として世界最高峰のエベレストに女性初の登頂に成功。1992年に女性で世界初の7大陸最高峰登頂者となる。2000年に九州大学大学院の比較社会文化研究科修士課程修了。以後、年間7~8回の海外登山のほか、山岳環境保護団体/日本ヒマラヤン・アドベンチャー・トラスト(HAT-J)代表としての活動やNPO法人日本トレッキング協会会長を務める。著書に、『山を楽しむ』『エプロンはずして夢の山』などがある。

代表作品
著書『山を楽しむ』 / 著書『エベレスト・ママさん』 / 著書『エプロンはずして夢の山』

出典 株式会社タレントデータバンクタレントデータバンクについて 情報

田部井淳子の関連キーワードゴサインタン山国連国際山岳年エベレスト山

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

田部井淳子の関連情報