甲南(読み)こうなん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

甲南
こうなん

滋賀県南部,甲賀市中南部の旧町域。野洲川の支流杣川(そまがわ)河谷を占める。1943年寺庄町と龍池村,南杣村,宮村の 3村が合体して町制。2004年水口町,土山町,甲賀町,信楽町と合体して甲賀市となった。古代の杣庄の中心部。米作が主で酪農,チャ(茶)の栽培も行なわれる。工業にはメリヤス,縫製加工がある。甲賀流忍術発祥の地で,竜法師甲賀流忍術屋敷が残る(→甲賀者)。深川,塩野,杉谷に鉱泉があり,浄福寺,正福寺などには貴重な文化財がある。ゴルフ場や住宅地などの造成が行なわれている。一部は三上・田上・信楽県立自然公園に属する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

こうなん【甲南】

滋賀県南部、甲賀市の南部にある町。溜め池の多い農業地帯。甲賀流忍術の発祥地と伝える。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

甲南
こうなん

滋賀県南部、甲賀(こうか)郡にあった旧町名(甲南町(ちょう))。現在は甲賀市の南部中央を占める一地区。1943年(昭和18)寺庄(てらしょう)町と宮、竜池、南杣(みなみそま)の3村が合併して成立。2004年(平成16)水口(みなくち)町、土山(つちやま)町、甲賀町、信楽(しがらき)町と合併、市制を施行して甲賀市となる。旧町域は、甲賀郡の南部に位置し、名称もここに由来する。JR草津線、国道307号が通じ、新名神高速道路の甲南インターチェンジがある。野洲(やす)川支流の杣川流域に集落が発達する。重粘土地帯で農業には不利であったが、用水改良事業によって改善され、水稲作を中心に酪農も行われる。また売薬業も盛んであったが、中心は甲賀市甲賀町に移った。近年、ゴルフ場や住宅地の造成が著しい。甲賀(こうが)流忍術の発祥地といわれ、甲賀流忍術屋敷(望月家)がある。新宮神社表門、正福寺や伊勢廻(いせば)寺の十一面観音像などは国指定重要文化財。[高橋誠一]
『『甲南町史』(1967・甲南町)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

やけど虫

昆虫の一種「アオバアリガタハネカクシ」の俗名。体長7ミリ程度で細長く、頭と尻が黒色、胸部と腹が橙色、中央の短い羽根の部分は藍色という特徴的な外見をしている。日本全土に生息し、6月~8月が活動の最盛期。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

甲南の関連情報