コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

甲州流 コウシュウリュウ

3件 の用語解説(甲州流の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

こうしゅう‐りゅう〔カフシウリウ〕【甲州流】

小幡勘兵衛景憲(かげのり)が創始した兵法の一流派。江戸初期に始まり、武田信玄山本勘助らの流儀を受け継いだといわれる。信玄流。武田流。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

こうしゅうりゅう【甲州流】

軍学の一派。江戸初期、小幡勘兵衛景憲が「甲陽軍鑑」を補正し、武田家の軍学を祖述したもの。武田流。信玄流。甲陽伝。甲州家伝。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

甲州流
こうしゅうりゅう

近世兵法学(軍学)の主流の一つで、武田(たけだ)流、信玄(しんげん)流、甲陽(こうよう)流、小幡(おばた)流などともいう。流祖は、小幡勘兵衛景憲(おばたかんべえかげのり)(1572―1663)。彼自らが収集した『甲陽軍鑑(こうようぐんかん)』および『甲陽軍鑑末書(まっしょ)』『結要本』などを基本兵書とし、戦国の名将、甲斐(かい)(山梨県)の武田信玄の兵法戦略を祖述して、学問的な体系を打ち立て、兵法興隆の先駆となった。
 景憲は武田の旧家臣小幡昌盛(まさもり)の子で、1582年(天正10)11歳のとき徳川家に仕え、秀忠(ひでただ)の小姓となったが、95年(文禄4)致仕して諸国を遍歴し、剣術修行のかたわら、信玄の遺跡や武田の遺臣を訪ねて、武田(源氏)家伝の兵法や陣法を聞き、また山本勘介(かんすけ)流の城取りを早川幸豊(ゆきとよ)に、軍配術を井伊家臣の岡本宣就(のぶなり)や上杉家臣の益田秀成らに学んだという。彼は長寿で晩年まで講授を続け、『甲陽軍鑑抜書前集・後集』をはじめ著述も多く、門弟は2000といわれ、幕臣をはじめ、毛利秀元(長府)、徳川頼宣(よりのぶ)(和歌山)、細川光尚(熊本)、浅野長治(ながはる)(三次(みよし))、松平定綱(桑名)、松平信綱(川越(かわごえ))、永井尚政(淀(よど))などの諸侯や、その家臣に支持者を広げた。景憲に実子はなく、甥(おい)の小幡憲行が学統を継ぎ、内弟子の杉山盛政、村上昌宜をはじめ、近藤正純、小早川宗久、松山定申、佐々木秀乗らの門下の逸材が全国に伝流した。また、門下の北条氏長(北条流祖)、山鹿素行(やまがそこう)(山鹿流祖)らは独立の学派をたてて有名となった。[渡邉一郎]
『石岡久夫著『日本兵法史 上』(1972・雄山閣出版)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の甲州流の言及

【信玄堤】より

…60年(永禄3)竜王の河原の開拓を計画して移住者を募り,棟別(むなべち)役免除の特権をあたえるとともに水防の義務を課したが,これが竜王河原宿(竜王町竜王)の成立である。近世初頭にかけて広く新田開発が進み農業生産力は増大,またその築堤技術は江戸時代には甲州流川除として知られた。【飯田 文弥】。…

※「甲州流」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

甲州流の関連キーワード悪七兵衛景清小幡景憲北条流大場景則小幡昌盛加藤景乗小早川式部佐知景則堀貞則山崎景則

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

甲州流の関連情報