コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

甲比丹(織物)(読み)カピタン

百科事典マイペディアの解説

甲比丹(織物)【カピタン】

絹織物の一種で,異国的な色合をもつ縞(しま)織物。本来は室町末期の南蛮渡来の縞織物で,甲比丹縞と呼ばれた。これを模して京都西陣でつくられ,のち八王子,足利などでも昭和初期までつくられた。繻子(しゅす)織,紋織や,緯糸(よこいと)に化繊を用いた交織などがあり,甲比丹御召,甲比丹銘仙などと称した。
→関連項目オランダ商館

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android