コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

男振り オトコブリ

デジタル大辞泉の解説

おとこ‐ぶり〔をとこ‐〕【男振り】

男としての容姿や気性。おとこっぷり。「男振りがいい」⇔女振り
男の風采(ふうさい)がよいこと。また、その人。美男。おとこまえ。おとこっぷり。「なかなかの男振りだ」
男子としての面目。「危機を救って男振りを上げる」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

おとこぶり【男振り】

男としての容貌ようぼう・風采。特に、堂々とした男らしい顔だちや態度など。おとこっぷり。 ⇔ 女振り 「 -がよい」 「例になく立派なフロツクを着て、洗濯し立ての白襟を聳やかして、-を二割方上げて/吾輩は猫である 漱石
男性としての名誉や面目。 「 -を上げる」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

男振りの関連キーワード上がる・揚がる・挙がる・挙る・騰る坂東寿太郎(3代)山本京四郎(初代)姉川新四郎(初代)吾輩は猫である一押し二金三男男っ振り一金二男きりり白襟容貌風采漱石全盛面目男前

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android