コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

発作性上室性頻拍 ホッサセイジョウシツセイヒンパク

デジタル大辞泉の解説

ほっさせいじょうしつせい‐ひんぱく〔ホツサセイジヤウシツセイ‐〕【発作性上室性頻拍】

心臓心室よりも上方にある心房や房室結節の領域から突然発作的に生じる頻脈性不整脈の総称。房室結節回帰性頻拍・房室回帰性頻拍(WPW症候群)・心房頻拍など。心拍数が毎分200前後に上昇し、動悸や胸部の違和感・不快感などがしばらく続いた後、突然止まる。長時間続くと鬱血性心不全を起こす場合がある。PSVT(paroxysmal supraventricular tachycardia)。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

家庭医学館の解説

ほっさせいじょうしつせいひんぱく【発作性上室性頻拍 Paroxysmal Supraventricular Tachycardia】

[どんな病気か]
 心臓の中に生まれつきに余分な電気回路ができていて、その回路を使って電気の空回り(旋回(せんかい))が急におこり始めるために生じる頻脈(ひんみゃく)です。頻脈がおこると、動悸(どうき)がして息苦しくなります。脈拍数(みゃくはくすう)はたいてい150以上になり、タッタッタッと規則的な動悸がおこります。
 多くの病的な頻脈は、徐々に脈が速くなるのではなく、発作開始と同時に一瞬で脈が速くなり、止まる際も一瞬のうちに止まるという特徴があります。発作がおこると、急に激しい勢いで心臓が動き始めるため、血流に十分な圧力をかけられなくなって血圧が下がります。そして冷や汗やめまい、息切れ、失神(しっしん)をおこしたりします。一般に動悸は、めまいの後で自覚することが多いようです。
 発作性上室性頻拍は期外収縮をきっかけにして旋回が始まります。そのため、期外収縮の少ない若年者には頻脈がおこりにくいのですが、中年以降になると発作がおこりやすくなります。
[原因]
 心房(しんぼう)と心室(しんしつ)の境界に副伝導路があって、それを使って電気が旋回する場合(房室回帰性頻拍(ぼうしつかいきせいひんぱく))と、房室結節(ぼうしつけっせつ)周辺に2つの電気経路があってそれを旋回する場合(房室結節回帰性頻拍(ぼうしつけっせつかいきせいひんぱく))とがあります。
[治療]
 いったん発作がおこり始めると、内服剤では、発作を停止できないことが少なくありません。発作が長く続く場合は、注射による治療が必要になります。
 あまり発作がおこらず、発作時の症状も軽い人は、抗不整脈薬で予防が可能です。しかし、よく発作がおこり、発作時間が長く、発作時の症状も強い人は、カテーテルアブレーションで病気そのものを根本的に治療したほうがよいでしょう(コラム「カテーテルアブレーション(心筋焼灼術)」)。

出典|小学館家庭医学館について | 情報

発作性上室性頻拍の関連キーワードカテーテルアブレーション(心筋焼灼術)上室性頻拍症

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android