卒去(読み)シュッキョ

デジタル大辞泉の解説

しゅっ‐きょ【卒去】

そっきょ(卒去)

そっ‐きょ【卒去】

[名](スル)《「しゅっきょ(卒去)」の慣用読み》身分のある人が死ぬこと。特に律令制では、四位・五位の人の死をいう。
「長門にて―せし錦小路頼徳の官爵を復さる」〈染崎延房・近世紀聞〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

しゅっきょ【卒去】

そっきょ【卒去】

( 名 ) スル
〔「しゅっきょ(卒去)」の慣用読み〕
高貴な人が死ぬこと。律令制では、四位・五位および王・女王の死去をいう。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

しゅっ‐きょ【卒去】

〘名〙 三位の下、五位以上の臣、あるいは無位皇族が死亡すること。転じて、広く人が死亡すること。そっきょ。

そっ‐きょ【卒去】

〘名〙 (「しゅっきょ(去)」の慣用よみ) 令制で、四位・五位の官人および王・女王が死去すること。卒。また、一般に、身分ある人が死去すること。
※将門記(940頃か)「六月上旬を以て病の床に臥しながら〈略〉卒去已に了りぬ」
※近世紀聞(1875‐81)〈染崎延房〉八「三条実美等五卿及び長門にて卒去(ソッキョ)せし錦小路頼徳の官爵を復さる」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

猫バンバン

寒い季節になると多発する、猫が自動車のエンジンルームやボンネットの中に潜り込んでいたのに気付かず発車してしまうという事故を防ぐための動作。自動車を始動させる前にボンネットをバンバンとたたき、猫の鳴き声...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android