コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

卒去 シュッキョ

デジタル大辞泉の解説

しゅっ‐きょ【卒去】

そっきょ(卒去)

そっ‐きょ【卒去】

[名](スル)《「しゅっきょ(卒去)」の慣用読み》身分のある人が死ぬこと。特に律令制では、四位・五位の人の死をいう。
「長門にて―せし錦小路頼徳の官爵を復さる」〈染崎延房・近世紀聞〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

しゅっきょ【卒去】

そっきょ【卒去】

( 名 ) スル
〔「しゅっきょ(卒去)」の慣用読み〕
高貴な人が死ぬこと。律令制では、四位・五位および王・女王の死去をいう。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

卒去の関連キーワード二階堂行綱松浦静山本多忠勝慣用読み足利義兼新田義重足利家時岡山藩律令制源経基卒・率

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android