百姓往来(読み)ひゃくしょうおうらい

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

百姓往来
ひゃくしょうおうらい

往来物の一種。江戸時代に編纂された農民子弟のための初歩的教科書。明和3 (1766) 年刊版本 (1冊,禿掃子著) を最初として,以後類似の題名,内容の書が全国に普及した。内容は,「五人組帳前書」や『慶安の御触書』など領主側の思想に拠りながら,農作業納税,衣服,食物,牛馬飼育など,農家に必要な知識と文字を学ばせようとしたもの。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ひゃくしょう‐おうらい〔ヒヤクシヤウワウライ〕【百姓往来】

往来物の一。江戸時代、農民の子供に文字や知識を教えるために作られた教科書。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

ひゃくしょうおうらい【百姓往来】

明治以前とくに江戸時代に多数出版された庶民教育の教科書“往来物”の1冊。現在この書名で有名なのは,江戸後期の明和年間(1764‐72)に刊行されたもので,著者の名ははっきりしない。作物,家畜農具,肥料など技術的知識,農民の守るべき道徳,検地にたいする心得,日常生活に必要な読み書きの指導など,ふだんの暮しに最低限必要な手引きを網羅し,ひじょうに多く利用されて広範囲に流布し,これをまねた類書がいくつも現れたという。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

ひゃくしょうおうらい【百姓往来】

往来物の一種。江戸中期から明治時代にかけて、農民の子弟教育のために作られた教科書。岩崎清矩著「田舎往来」(1758年刊)、禿箒子著「百姓往来」(1766年刊)などがある。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

ひゃくしょう‐おうらい ヒャクシャウワウライ【百姓往来】

〘名〙 江戸中期から明治にかけて作られた往来物の一種。百姓の子弟に必要な知識や文字を学ばせることを目的として作られたもの。宝暦八年(一七五八)の岩崎清矩「田舎往来」以下、各種がある。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android