コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

百練抄(百錬抄) ひゃくれんしょう

2件 の用語解説(百練抄(百錬抄)の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

百練抄(百錬抄)【ひゃくれんしょう】

鎌倉時代末期に成立した編年体の通史。全17巻のうち初めの3巻が欠落している。著者は不明だが,鎌倉後期の公家と考えられる。冷泉(れいぜい)天皇(在位967年−969年)から後深草(ごふかくさ)天皇(在位1246年−1259年)までの歴史を漢文で記しており,平安中期から鎌倉中期に至る政治や社会の動きなどを知ることのできる好史料。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ひゃくれんしょう【百練抄(百錬抄)】

鎌倉末成立の編年体通史。全17巻中最初の3巻は散逸。冷泉天皇(在位967‐969)から後深草天皇(在位1246‐59)までの歴史を漢文で記す。成立時期・著者は不明だが,鎌倉後期の貴族の手になるものと考えられる。古い部分の記事は諸日記を抄出した簡略なものであるが,後半は当時の貴族の日記を使用しているらしく,きわめて詳細な記載であり,鎌倉後期の政治史を知る上で重要な史料となっている。《国史大系》所収。【大塚 章】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone