コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

皓礬 コウバン

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

皓礬
こうはん
goslarite

硫酸亜鉛七水化物。舎利塩(しゃりえん)epsomite(化学式Mg[SO4]・7H2O)系。天然ではZn[SO4]・6H2Oがビアンキ石、(Zn,Mg)[SO4]・4H2Oがボイル石boyleite(Zn:Mg6:1)、(Zn,Mn)[SO4]・H2Oがガニング石Gunningiteとよばれる。自形は鉱物として未報告。薬品として売られているものには斜方短柱状の結晶をなすものがある。天然のものは粉末状、繊維状あるいは鍾乳(しょうにゅう)状。各種亜鉛鉱床の二次鉱物として産し、坑道の壁面や坑木上などにも着生することがある、いわゆるpost-mining mineral(鉱山活動終了後生成の鉱物)である。日本では宮城県栗原(くりはら)市細倉鉱山(閉山)や秋田県大館(おおだて)市小坂鉱山(閉山)などの酸化帯から知られる。
 共存鉱物としては、直接共存物として意味のあるものは石膏(せっこう)であるが、生成時期が異なれば、ビアンキ石、緑礬(りょくばん)や胆礬(たんばん)とも共存する。肉眼的観察だけでは、同系の他の可溶性硫酸塩と識別できない。独特の不快臭を放ち、臭覚の敏感な人はかぎ分けられるというが、文章では表現できないという。また、その味も緑礬や舎利塩とは明らかに異なるが、これも表現できない。英名は原産地ドイツのゴスラーGoslarにちなむ。[加藤 昭]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の皓礬の言及

【硫酸亜鉛】より

…白色結晶。以前は白色の硫酸塩であることから皓礬(こうばん∥こうは)とも呼ばれた。MgSO4・7H2Oと同形で斜方晶系。…

【硫酸亜鉛】より

…白色結晶。以前は白色の硫酸塩であることから皓礬(こうばん∥こうは)とも呼ばれた。MgSO4・7H2Oと同形で斜方晶系。…

※「皓礬」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

皓礬の関連キーワード皓礬(データノート)赤礬

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android