コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

盗難保険 とうなんほけんburglary insurance

4件 の用語解説(盗難保険の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

盗難保険
とうなんほけん
burglary insurance

損害保険のなかの新種保険の一種。保険契約が定められた収容場所にある動産が外部から不法侵入した者によって盗取,毀損または汚損されることによりこうむる損害を填補する保険。ただし横領,詐欺,恐喝などによる損害は填補されない。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

とうなん‐ほけん〔タウナン‐〕【盗難保険】

損害保険の一。盗難にあったり、汚損されたりすることによって生じる損害を填補(てんぽ)する保険。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

保険基礎用語集の解説

盗難保険

特定の収容場所に収容されている動産について、盗難(窃盗または強盗のために生じた盗取、き損、または汚損)によって生じた損害を担保する保険を指します。

出典|みんなの生命保険アドバイザー
保険基礎用語集について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

盗難保険
とうなんほけん

窃盗または強盗によって、特定場所内に収容されている動産が盗取・破損・汚損されたことによって被る直接の損害を填補(てんぽ)する保険。損害保険のうちの、いわゆる新種保険の一種である。海上保険、運送保険、動産総合保険、自動車保険の車両保険、住宅総合保険、店舗総合保険などにおいても盗難危険が担保されるが、盗難危険だけを単独に引き受けるのが盗難保険の特色である。ただし、手形、証書、帳簿、勲章、免許証その他同種のものは保険の目的とはならない。また、貨幣、銀行券、有価証券類、貴金属類、美術品類は特約のない限り担保されない。現在、家財の盗難危険は住宅総合保険および店舗総合保険で担保されることが多いため、盗難保険のおもな契約対象は、企業の商品・原材料・機械器具類などとなっている。なお、クレジットカードの普及につれ、それが盗まれたり、紛失したりして、不正使用されることによって被る損害を担保する、クレジットカード盗難保険もまた相当な普及をみている。[金子卓治]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の盗難保険の言及

【新種保険】より

…なお,道路,上下水道,トンネル等の土木工事を対象にする土木工事保険,機械装置,プラント等の鋼構造物の据付・組立工事を対象にする組立保険もある。 (7)盗難保険 特定収容場所の財物につき窃盗,強盗による損害を塡補する保険。ほかにも盗難危険を担保する保険はあるが,本保険は盗難危険のみを担保するものである。…

※「盗難保険」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

盗難保険の関連情報