コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

盲長屋梅加賀鳶 めくらながやうめがかがとび

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

盲長屋梅加賀鳶
めくらながやうめがかがとび

歌舞伎狂言。7幕。世話物河竹黙阿弥作。 1886年3月東京千歳座初演。通称『加賀鳶』。長大な作品であるため,道玄を主人公とした6世尾上菊五郎の演出に従い,今日では通常「木戸前」の場面と,按摩 (あんま) 道玄のくだりが上演される。「木戸前」は,町火消しとのけんかに向う加賀藩の大名火消し (加賀鳶) の勢ぞろいに始まり,それを頭の梅吉と松蔵が止めに入る。短い一幕であるが,一座の立役が顔をそろえて勢 (きお) いをみせる。按摩道玄のくだりは,村井長庵を演じたいという5世菊五郎の要請を受けて書かれたもので,ゆすりに行った店でかえって松蔵にやりこめられる剛悪ぶりが見せ場。そのあと続けて滑稽な6幕「赤門前」の捕物までが演じられる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

めくらながやうめがかがとび【盲長屋梅加賀鳶】

歌舞伎狂言。世話物。7幕。河竹黙阿弥作。明治19年(1886)東京千歳座初演。前田侯お抱えの加賀鳶と町火消しとの争いを背景に、按摩(あんま)の道玄の小悪党ぶりを描く。通称「加賀鳶」。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

めくらながやうめがかがとび【盲長屋梅加賀鳶】

歌舞伎狂言。世話物。7幕。通称《加賀鳶》。河竹黙阿弥作。1886年3月東京千歳座初演。配役は梅吉・道玄・死神を5世尾上菊五郎,松蔵を3世市川九蔵(のちの7世団蔵),おすがを岩井松之助,五郎次・お兼を4世尾上松助,巳之吉を坂東家橘,お民を尾上菊之助ほか。享和・文化(1801‐18)のころ前田侯お抱えの加賀鳶と町火消が2度も喧嘩した事件があったのと,盲人たちが住む長屋の小悪党按摩(あんま)の道玄の筋を取り合わせ,3世菊五郎が工夫をして好評であったという〈死神〉のくだりを加えた,作者晩年の当り狂言

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

盲長屋梅加賀鳶
めくらながやうめがかがとび

歌舞伎(かぶき)脚本。世話物。七幕。河竹黙阿弥(もくあみ)作。通称「加賀鳶」。1886年(明治19)3月、東京・千歳(ちとせ)座で5世尾上(おのえ)菊五郎らにより初演。享和(きょうわ)年間(1801~04)にあった本郷の加賀前田侯お抱えの大名火消加賀鳶と浅草下谷(したや)の町火消の喧嘩(けんか)を題材にして、按摩道玄(あんまどうげん)の悪事を織り交ぜたもの。加賀鳶の頭分(かしらぶん)梅吉の女房おすがは、子分巳之助(みのすけ)との仲を同じく子分の五郎次から密通と言い立てられ、兄貴分松蔵のもとに預けられるが、死神に脅かされた五郎次の改心により、身が晴れる。盲長屋に住む按摩道玄は、情婦お兼と共謀して、姪(めい)のお朝が奉公する質店伊勢(いせ)屋へ難癖をつけて強請(ゆすり)に行くが、かつてお茶の水で人を殺して金を奪った現場に落とした煙草(たばこ)入れをきあわせた松蔵に突きつけられて退散し、のち悪事露顕して赤門前で捕らえられる。初演の5世菊五郎は梅吉・道玄・死神の三役を勤めて好評だったが、その後6世菊五郎はとくに道玄の役に絶妙な生世話(きぜわ)芸を示したので、道玄の筋(すじ)だけが独立して演じられることが多くなった。ただし、加賀鳶連中が町火消と喧嘩を始めようとして梅吉に制せられる「木戸前勢揃(せいぞろ)い」の場は、鳶の風俗が珍しくて壮観なので、たいてい道玄の筋に付け加えて上演される。近年では2世尾上松緑、17世中村勘三郎が得意とした。[松井俊諭]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

盲長屋梅加賀鳶の関連キーワード尾上 多賀之丞(3代目)尾上 菊五郎(5代目)

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android