直接法(読み)チョクセツホウ

精選版 日本国語大辞典の解説

ちょくせつ‐ほう ‥ハフ【直接法】

〘名〙
外国語教授法の一つ。翻訳法に対する。幼児が母国語を自然に習い覚える過程にならって、実物の提示とその外国語による説明だけを用い、学習者の母国語による説明を一切避けるもの。
② 国語学習における書写の指導法の一つ。点線字やかご字をなぞらせるなどの間接的手段を用いずに、手本を見て直接に写させるもの。
※白く塗りたる墓(1970)〈高橋和巳〉一「彼はこれまでも直接法よりも、間接的な話法をこのんで用いていた」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の直接法の言及

【数値計算】より

…用意されていないものについては,自分でアルゴリズムを工夫する。
【数値計算の手法】
数値計算の手法は,直接法,反復法,モンテカルロ法の3種に大別できる。
[直接法]
 解を得る手順が決まっていて,計画された手順にしたがって進めれば解が得られるものである。…

※「直接法」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

いざなぎ景気

1965(昭和40)年11月から70(昭和45)年7月にかけて57カ月続いた戦後最長の消費主導型景気拡大局面のこと。名目成長率は毎年2桁で推移した。これに先立つ1955~56年の「神武景気」や58年~...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

直接法の関連情報