コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

直接法 チョクセツホウ

デジタル大辞泉の解説

ちょくせつ‐ほう〔‐ハフ〕【直接法】

外国語の教授法の一。学習者の母国語による説明を用いずに、外国語による説明だけで、その外国語の習得をはかる方法。
ちょくせつほう(直説法)

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

直接法【ちょくせつほう】

動詞のの一つ。接続法命令法などと異なり,事実を事実として述べ,そこに話し手主観をまじえない陳述に用いる。平叙文疑問文がある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典内の直接法の言及

【数値計算】より

…用意されていないものについては,自分でアルゴリズムを工夫する。
【数値計算の手法】
数値計算の手法は,直接法,反復法,モンテカルロ法の3種に大別できる。
[直接法]
 解を得る手順が決まっていて,計画された手順にしたがって進めれば解が得られるものである。…

※「直接法」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

直接法の関連キーワードハウプトマン(Herbert Aaron Hauptman)カール(Jerome Karle)キャッシュ・フロー計算書アモーチゼーション直接エネルギー変換ノエル カワードエングレービング有機ケイ素化合物アゾトメトリーヒドロキシル化エストニア語山口 喜一郎金属せっけん無形固定資産コレスキー法二重標識水法感受性検査山口喜一郎蛍光抗体法免疫蛍光法

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

直接法の関連情報