コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

直接金融・間接金融 ちょくせつきんゆうかんせつきんゆう direct finance,indirect finance

1件 の用語解説(直接金融・間接金融の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ちょくせつきんゆうかんせつきんゆう【直接金融・間接金融 direct finance,indirect finance】

資金の貸借取引である金融活動においては,収入を超えて支出を行うような赤字主体(資金不足主体)が存在すると同時に,他方では収入が支出を上回る黒字主体(資金余剰主体)の存在することが不可欠である。この黒字主体から赤字主体へと資金が移転する過程に注目して,直接金融間接金融の区別がなされる。すなわち直接金融とは,企業や政府などの赤字主体が不足資金を調達するために発行する株式,国債などを黒字主体が直接購入する形で資金が移転する方式である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

直接金融・間接金融の関連キーワード貸借取引金融業国民金融公庫コールローン短資会社インターバンク貸株現物銘柄マネーマーケット日銀当座預金残高

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone