コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

相続契約 そうぞくけいやく Erbvertrag[ドイツ]

1件 の用語解説(相続契約の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

そうぞくけいやく【相続契約 Erbvertrag[ドイツ]】

ドイツ民法上,被相続人を一方の当事者として締結される,相続人指定,遺産贈与Vermächtnis,負担を内容とする契約(1941条,2274~2302条)。遺言と並ぶ死因処分(死後処分ともいう。行為者の死亡によって効力を生ずる法律行為)の一種。ヨーロッパ大陸法中ではスイス法に類似の制度があるほか,フランス法圏諸国およびオーストリアが夫婦間にのみこれを認めている。沿革的にはゲルマン法上の相続慣行に由来するもので,遺言自由の原則が支配するローマ法的遺言制度体系の下では異質の制度である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

相続契約の関連キーワード推定相続人相続人当事者能力分割相続寄与分世数相続債権者被相続人共済掛金相続登記

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone