コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

真葛原 マクズガハラ

5件 の用語解説(真葛原の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

まくず‐が‐はら【真葛原】

京都市東山区北部の円山公園の辺り一帯の称。

まくず‐はら【真葛原】

葛の一面に生えている原。
「―なびく秋風吹くごとに阿太(あだ)の大野の萩の花散る」〈・二〇九六〉

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

まくずがはら【真葛原】

京都市東山区円山町の円山公園を中心とし,周囲の青蓮院,知恩院,双林寺,八坂神社などを含む地域。東山山麓の傾斜地。《新古今和歌集》巻十一に〈わが恋は松をしぐれの染めかねて真葛原に風騒ぐなり〉の歌を残す慈円は青蓮院門跡であった。文人の愛好した地で,双林寺境内に西行庵があり,ここで没した頓阿の像とともに西行像が安置される。平康頼の山荘も双林寺付近にあり,そこで《宝物集》を著したという。近世,池大雅も住した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

まくずがはら【真葛原】

京都市東山区、東山山麓の円山公園あたり一帯の地名。

まくずはら【真葛原】

クズの生えている原。 [季] 秋。 「赤駒のい行き憚る-/日本書紀 天智

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

真葛原の関連キーワード円山応祥東山公園円山円山公園八坂祇園の夜桜大円山大谷祖廟札幌市円山動物園円山応春

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone