コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

平康頼 たいらのやすより

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

平康頼
たいらのやすより

平安時代末期の北面の武士,後白河法皇近臣承安4 (1174) 年検非違使尉に任官。治承1 (77) 年藤原成親,僧俊寛らと家討伐の陰謀を鹿ヶ谷の俊寛の別荘で企てたかどで捕えられ,鬼界ヶ島に流された (→鹿ヶ谷事件 ) 。翌年許されて帰京,雙林寺のあたりに移り住み,説話集『宝物集』を編纂した。文治2 (86) 年,康頼がかつて源頼義の墓を訪ね,その荒廃を修復するため水田を寄進し小堂を建てて追善を行なった行為が鎌倉幕府によって賞され,阿波国麻殖 (おえ) の保司に任じられた。『平家物語』の一本でも,彼を阿波国の住人としているから,阿波国出身の下級武士で,今様や和歌などの芸能に長じていたため,後白河上皇の庇護を受け出世したものであろう。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

平康頼 たいらの-やすより

?-? 平安時代後期の武士。
後白河法皇につかえ検非違使(けびいし)となる。安元3年(1177)鹿ケ谷(ししがたに)事件に連座して俊寛らとともに薩摩(さつま)(鹿児島県)鬼界ケ島(きかいがしま)(硫黄島(いおうじま))に流された。のちゆるされて京都にかえり,説話集「宝物集」をあらわした。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

平康頼

生年:生没年不詳
平安末・鎌倉前期の人。正治2(1200)年には生存。仏教説話集『宝物集』の編者か。歌人。衛門府官人,検非違使を経,後白河院近習として活躍。今様を後白河法皇に習い(『梁塵秘抄口伝集』巻10),「猿楽狂い」といわれるほどに芸能に熱中する。治承1(1177)年の平家打倒を企てた鹿ケ谷事件に連座し,藤原成経,俊寛と共に鬼界ケ島に流される。配流の途中で出家。法名性照。のち許されて治承3(1179)年帰洛。『平家物語』では,以後東山双林寺辺りに住み,『宝物集』を著したとする。文治2(1186)年源頼朝から阿波国(徳島県)麻殖保の保司に任ぜられる。中原頼季の息子か(『勅撰作者部類』)。

(櫻井陽子)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

たいらのやすより【平康頼】

平安末期・鎌倉初期の武士,歌人。生没年不詳。阿波国に生まれる。今様や和歌の芸にすぐれ,後白河院の近臣として検非違使に任ぜられた。鹿ヶ谷事件に加わり,1177年(治承1)6月,藤原成経・僧俊寛とともに鬼界ヶ島に流された。途中出家して性照を称した。のち赦免されて都に帰り,86年(文治2)源頼朝から阿波国麻殖保保司職を与えられた。仏教説話集《宝物集》の編者とみられる。【小田 雄三】

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

たいらのやすより【平康頼】

平安末期の廷臣。法名、性照。後白河上皇の側近。鹿ヶ谷ししがたにの謀議に加わり、俊寛らと鬼界ヶ島へ流罪。翌年許され帰洛後、「宝物集」を著したと思われる。今様の名手。生没年未詳。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

平康頼
たいらのやすより

生没年未詳。平安後期の武士。信濃権守(しなののごんのかみ)中原頼季の子。1174年(承安4)北面(ほくめん)の武士から検非違使尉(けびいしのじょう)となる。このため平判官(へいほうがん)康頼ともいわれる。今様(いまよう)の名手で後白河(ごしらかわ)院の寵臣(ちょうしん)。77年(治承1)鹿(しし)ヶ谷(たに)事件に連座して俊寛僧都(しゅんかんそうず)、藤原成経(なりつね)とともに鬼界(きかい)ヶ島へ流された。途中、周防(すおう)国(山口県)で出家して性照と号す。鬼界ヶ島における熊野権現(ごんげん)の勧請(かんじょう)、千本の卒都婆(そとば)流しなどの話は有名。78年大赦され、翌年に帰洛(きらく)。のち東山雙林(そうりん)寺に籠居(ろうきょ)して説話集『宝物集(ほうぶつしゅう)』を著す。86年(文治2)、かつて尾張(おわり)国にあったとき、野間荘(しょう)にある源義朝(よしとも)の墓に水田30町を寄進し、小堂を建てた功により、阿波(あわ)国(徳島県)麻殖保(おえのほ)保司になっている。[樋口州男]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の平康頼の言及

【俊寛】より

…1177年(治承1)同じく院の近臣藤原成親,西光(さいこう)らとともに京都鹿ヶ谷(ししがたに)の山荘で平氏討滅を謀議したが,多田行綱の密告で露顕し,計画は失敗に終わった(鹿ヶ谷事件)。同年6月3日藤原成経,平康頼とともに薩摩国鬼界ヶ島に配流された。翌年中宮平徳子の安産を祈る大赦に俊寛だけはゆるされず,同島で没した。…

【宝物集】より

…鎌倉時代の法語。平康頼(やすより)編。12世紀末の成立。…

【真葛原】より

…文人の愛好した地で,双林寺境内に西行庵があり,ここで没した頓阿の像とともに西行像が安置される。平康頼の山荘も双林寺付近にあり,そこで《宝物集》を著したという。近世,池大雅も住した。…

※「平康頼」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

平康頼の関連キーワード俊寛(僧侶)卒都婆流神子栄尊小野成綱隠者文学真葛原平清基廷臣蘇武謀議名手側近流罪

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android