コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

デジタル大辞泉の解説

き【着】

着ること。着るもの。〈名義抄

ぎ【着】

[語素]《動詞「き(着)る」の連用形が名詞化した「き(着)」から》名詞の下に付いて、そのような物事のために着る物の意を表す。「肌」「上」「晴れ」「訪問

じゃく【着】[漢字項目]

ちゃく

ちゃく【着/著】

[名]目ざす場所に行き着くこと。到着。「東京―一〇時の列車」⇔発(はつ)
[接尾]助数詞。
到着の順番を数えるのに用いる。「三―で銅メダルを獲得した」
衣類などを数えるのに用いる。「スーツを一―新調したい」
囲碁で、石を打つ回数を示すときに用いる。「第一―を天元に打つ」「ちょ(著)」

ちゃく【着】[漢字項目]

[音]チャク(漢) ジャク(ヂャク)(呉) [訓]きる きせる つく つける
学習漢字]3年
〈チャク〉
衣服などを身につける。「着衣着脱着帯着用
ぴったりとくっつける。くっつく。つく。「着床着色着氷吸着膠着(こうちゃく)接着定着土着撞着(どうちゃく)粘着付着密着癒着恋着
ある場所に届く。行きつく。「着信着任着陸先着到着発着漂着未着
決まりがつく。落ちつく。「着実決着沈着落着
一点に注目する。「着意着眼着想着目
囲碁で、石を打つこと。「失着正着敗着
〈ジャク〉心がとらわれる。「愛着執着頓着(とんじゃく)
〈き(ぎ)〉「着物厚着上着冬着古着水着
[補説]もとは「著」の俗字。語例は「チャク」とも読む。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

ちゃく【着】

[1] ( 名 )
行きつくこと。到着。 ↔ 「八時-」 「東京-」
( 接尾 )
助数詞。
衣服を数えるのに用いる。 「夏服五-」
競技で、到着の順序を数えるのに用いる。 「一-でゴールイン」
囲碁で、石を打つ回数を数えるのに用いる。 「第一-をおろす」

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

着の関連キーワードフィッティングルームスーパーカジュアルカジュアルウエアラウンジウエアレジャーウエアショートパンツタウンウエア替え着・替着ホームウエア着の身着の儘ゴールイン受精卵診断アサンガ御洒落着連勝単式小袖装束きれカジ着香物質爆発圧接電線着雪

今日のキーワード

熱にうなされる(間違いやすいことば)

○熱に浮かされる 高熱でうわ言をいう意味の表現は、「熱に浮かされる」が正しい。また、物事の判断がつかなくなるほど熱中することも意味する。音が似ていることから混用され、「浮かされる」が「うなされる」に入...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

着の関連情報