コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

矢祭山 やまつりやま

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

矢祭山
やまつりやま

福島県南東部,茨城県境近くにある八溝山地東端の山。標高 402m。おもに花崗岩から成り,久慈川に面して奇峰がそそり立つ。「矢祭」の名は八幡太郎義家 (→源義家 ) が奥州征伐の際,山麓の神社に矢を奉納したことに由来。奥久慈県立自然公園に属する。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

やまつりやま【矢祭山】

福島県中通り,東白川郡矢祭町の南西部,久慈川沿いにある山。標高402m。花コウ岩からなり,南東斜面は,横谷を刻む久慈川の浸食により奇岩がそびえ立ち,アカマツの老木とヤマツツジの大群落はみごとで,奥久慈県立自然公園の一部になっている。矢祭の名は源頼義・義家父子が陸奥出兵の際,この地にとどまり,戦勝を祈願して征矢(そや)(軍陣に用いる矢)を奇岩にまつったことに由来するといわれる。国道118号線,JR水郡線が通じ,矢祭山駅の南西,国道沿いには矢祭神社,北東約500mの久慈川左岸には矢祭温泉がある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本の地名がわかる事典の解説

〔福島県〕矢祭山(やまつりやま)


福島県南東部、茨城県境近くにある山。標高383m。久慈(くじ)川に面して奇岩が屹立(きつりつ)し、アカマツ林やヤマツツジの群落が彩る景勝の地。奥久慈県立自然公園の中心。南麓(なんろく)の久慈川沿いに矢祭温泉がある。

出典|講談社日本の地名がわかる事典について | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

矢祭山
やまつりやま

福島県南東部、東白川(ひがししらかわ)郡矢祭町にある山。標高402メートル。茨城県との県境近くの八溝(やみぞ)山地の一峰で、花崗(かこう)岩からなる山体の一部は久慈(くじ)川に深く刻まれ、奇岩の連なる峡谷となっている。サクラやツツジの名所でもあり、奥久慈県立自然公園の中心。矢祭の名は、八幡(はちまん)太郎義家(よしいえ)が東征の帰途、矢をこの地に祀(まつ)ったことに由来するという。矢祭神社には当地出身の和算家吉田作四郎の和算算額が奉納されている。[中村嘉男]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

矢祭山の関連キーワード久慈川(福島県、茨城県)福島県東白川郡矢祭町関岡福島県東白川郡矢祭町矢祭(町)矢祭[町]景勝屹立南麓

今日のキーワード

気が置けない

遠慮したり気をつかったりする必要がなく、心から打ち解けることができる。「―◦ない間柄」[補説]文化庁が発表した「国語に関する世論調査」で、「その人は気が置けない人ですね」を、「相手に対して気配りや遠慮...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

矢祭山の関連情報