天竜峡(読み)てんりゅうきょう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

天竜峡
てんりゅうきょう

長野県南部,天竜川伊那山地を横断する地点に形成された峡谷比高 100mにも達する花崗岩絶壁と清流に森林美が加わる。特に JR飯田線天竜峡駅から近い姑射 (こや) 橋付近が観光の中心。天竜舟下り高森町の市田駅近くから姑射橋付近までであるが,下流に佐久間ダムができたため,急流下りのスリルは失われた。天竜奥三河国定公園に属する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

天竜峡【てんりゅうきょう】

天竜川中流の峡谷(名勝)。1847年阪谷朗廬によって天竜峡と命名されたといわれ,1882年には姑射橋(こやきょう)・竜角峰などの十勝が選定され,岩壁にその文字が刻まれた。長野県飯田市時又付近から下流で,両側に山が迫って花コウ岩の深い谷をなし,特に飯田線天竜峡駅付近の姑射橋は花コウ岩の直方状節理が顕著で風光にすぐれる。飯田市弁天〜天竜峡〜唐笠(からかさ)に天竜下りの遊覧船がある。
→関連項目飯田[市]天竜奥三河国定公園

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

てんりゅうきょう【天竜峡】

長野県飯田市南部,天竜川中流の峡谷。飯田市時又(ときまた)付近から下流をいい,中心は国鉄飯田線天竜峡駅近くの姑射(こや)橋あたりで,花コウ岩の岩壁にアカマツ,ヤマツツジ,モミジなどの彩りが美しい。江戸時代から名勝として舟下りが楽しまれたが,現在でも高森町市田から天竜峡まで約20kmのコースがあり,別にここから下流の唐笠まで遊覧用の和船が運行している。【市川 健夫】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

てんりゅうきょう【天竜峡】

長野県南部、天竜川中流にある峡谷。両岸は花崗岩からなる絶壁。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本の地名がわかる事典の解説

〔長野県〕天竜峡(てんりゅうきょう)


長野県飯田市南部、天竜川中流部にある峡谷。天竜川は長野県南部から静岡県浜松市天竜区二俣(ふたまた)町にかけて約100kmの間、伊那(いな)山地と赤石(あかいし)山脈(南アルプス)の南延(なんえん)部の山地を穿って曲流し先行性(せんこうせい)の大峡谷をなす。大部分が天竜奥三河(おくみかわ)国定公園に属す。花崗(かこう)岩の断崖(だんがい)絶壁が屹立(きつりつ)し、川幅は40m前後と狭い。岩壁にはマツ・ツツジ・カエデなどが繁茂する。国指定名勝の天竜峡は、伊那盆地の南端から山地にかかる約2kmの間だが、広義には静岡県浜松市天竜区一帯までの峡谷全体を指して使われることもある。急流を楽しむ川下りが有名で、上流の高森(たかもり)町市田(いちだ)から天竜峡までと、天竜峡から下伊那郡泰阜(やすおか)村唐笠(からかさ)までの2コースが運行されている。峡谷にかかる姑射(こや)橋からの眺望がよい。

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

天竜峡
てんりゅうきょう

長野県南部にある天竜川中流の峡谷。国指定名勝。天竜川が伊那盆地(いなぼんち)南部で伊那山地を侵食してつくった峡谷で、高さ60~80メートルの花崗(かこう)岩の断崖(だんがい)絶壁、龍角峰・烏帽(うぼう)石などと名づけられた奇岩、激流、絶壁にかかる青松の景観がある。天竜奥三河国定公園の一部。1847年(弘化4)に当地を来訪した岡山の漢学者阪谷朗盧(さかたにろうろ)が天竜峡と名づけた。弁天港から時又(ときまた)港まで約35分の天竜舟下りと、下流の天竜峡温泉港から唐笠(からかさ)港まで約50分の天竜ライン下りの二つの遊覧ルートがある。近隣の昼神温泉と一帯化した誘客宣伝により、人気の回復がみられる。峡谷に架かる姑射橋(こやきょう)は何回か付け替えられたが、橋上から見下ろす激流も名所の一つになっている。JR飯田(いいだ)線天竜峡駅下車。[小林寛義]
『市川健夫著『天竜川』(1973・信濃路)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

ラグビーワールドカップ2019日本大会

2019年9月20日から11月2日まで、日本で行われる15人制ラグビーの世界大会。ラグビーユニオンの国際統括団体であるワールドラグビー(World Rugby)が主催し、ナショナルチームの世界一を決定...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android