木内石亭(読み)きうちせきてい

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

木内石亭
きうちせきてい

[生]享保9(1724).12.1. 近江,坂本
[没]文化5(1808).3.11. 草津
江戸時代の鉱物学者,奇石収集家。拾井家に生れ,母方の木内家養子となり,のち分家。石亭は号。諱は重暁,通称幾六,のち小繁と改める。珍石,奇石,鉱石,化石などを収集し,分類研究して図集多数を著わした。『雲根志』 (3編 15巻,1773~1801) がある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

きうち‐せきてい【木内石亭】

[1725~1808]江戸後期の鉱物学者。近江(おうみ)の人。名は重暁(しげあき)。姓は「きのうち」とも読む。全国の奇石を収集・研究し、鉱物学・化石学・考古学に貢献。著「雲根志」など。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

木内石亭【きうちせきてい】

江戸時代の愛石家,鉱物学者。本名は重暁。近江(おうみ)坂本の人。各地を旅行して集めた奇石を分類して《雲根志》を著し,化石類,一般鉱物,各種石器類を解説。日本における先史学研究の先駆となった。

木内石亭【きのうちせきてい】

木内(きうち)石亭

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

木内石亭 きのうち-せきてい

1725*-1808 江戸時代中期-後期の博物家。
享保(きょうほう)9年12月1日生まれ。津島恒之進に物産学をまなぶ。諸国で採集・見聞した奇石・珍石を分類し「雲根志(うんこんし)」をあらわす。鉱石・化石・石器もふくまれ,鉱物学・古生物学・考古学上の先駆的な業績とされる。文化5年3月11日死去。85歳。近江(おうみ)(滋賀県)出身。本姓は拾井(ひろい)。名は重暁(しげあき)。通称は小繁(こはん)。著作に「鏃石(ぞくせき)伝記」「神代石(じんだいいし)之図」など。
【格言など】阿耨多羅三藐三菩提(あのくたらさんみやくさんぼだい)の仏たちならしめ給へ金持ちの子に(辞世)

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

木内石亭

没年:文化5.3.11(1808.4.6)
生年:享保9.12.1(1725.1.14)
江戸中期の弄石家。幼名幾六,名は重暁,通称小繁,石亭は号。拾井家に生まれたが近江国山田郷(草津市北山田)の母の実家木内家を継いだ。幼いときから珍奇な石を好み,宝暦(1751~64)のころから物産学者津島如蘭に本草学を学び,京坂,江戸その他各地の本草家,物産家と交流し,物産会でも活躍。弄石社を結成し,奇石を各地に訪ね,収集採集も盛んに行った。これら収集歴訪をもとに独自に鉱石類を分類し,『雲根志』3編(1772~1801),また1320種の蔵石を記録した『蔵石目録』(1811)などを著した。当時流行の弄石の大家であるが,学問的な態度で,石鏃人工説をとるなど実証的見解を示し,わが国の鉱物学,考古学の先駆的研究をしたと評される。シーボルトの『日本』の石器,勾玉の記述は彼の業績の引用。上記のほか『曲玉問答』『天狗爪石奇談』『竜骨記』の著書がある。<参考文献>中川泉三編『石之長者木内石亭全集』全6巻,斎藤忠『木内石亭』

(菊池俊彦)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

大辞林 第三版の解説

きうちせきてい【木内石亭】

1724~1808) 江戸中・後期の鉱物学者。近江の人。名は重暁。諸国の奇石を収集し、鉱物学・化石学・先史考古学に貢献。著「雲根志」「曲玉問答」など。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

367日誕生日大事典の解説

木内石亭 (きうちせきてい)

生年月日:1724年12月1日
江戸時代中期;後期の弄石家
1808年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

きうち‐せきてい【木内石亭】

江戸中・後期の鉱物学者。石の収集家。名は重暁。通称幾六、小繁(こはん)。近江(滋賀県)の人。京都の津島如蘭に本草学を学ぶ。のち全国を歩いて奇石を収集、研究し、鉱物学、考古学、化石学に貢献。著に「雲根志」「曲玉問答」「石亭石譜」など。享保九~文化五年(一七二四‐一八〇八

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の木内石亭の言及

【雲根志】より

…木内石亭(1724‐1808)の著した石に関する博物誌。前編,後編,および三編があり,それぞれ1773年(安永2),79年,1801年(享和1)に大坂で出版され,その後版を重ねた。…

【博物学】より

…享保年間(1716‐36)には幕府の殖産興業政策によって物産学が盛んになり,博物学のすそ野が拡大された。この時期には田村藍水,平賀源内,小野蘭山,宇田川榕菴らの学者のほか,《目八譜》の武蔵石寿,《毛介綺煥(もうかいきかん)》《昆虫胥化(しよか)図》の肥後藩主細川重賢,《雲根志》の木内石亭,木村蒹葭堂(けんかどう)などのアマチュア博物学者も活躍した。 一方,17世紀からは断片的ではあるが西洋博物学の知識も入りはじめ,中でもドドネウスの《草木誌》とヨンストンの《動物図説》は当時の本草学に大きな影響を与えた。…

【宝石】より

…19世紀末フランスの作家ユイスマンスも逸すべからざる人で,その作品《さかしま》《大伽藍》で宝石について論じている。日本の江戸時代に,初めて鉱物に関する本《雲根志》を出版した石の収集家,近江の木内石亭の名も忘れずに記しておこう。【澁澤 龍
[伝承]
 宝石は古代より人類にとって魅惑的なものとして存在し,宝飾として用いられたのみならず,神秘的な魔力を秘めたものとして護符や魔よけに用いられてきた。…

※「木内石亭」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android