コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

石本新六 いしもとしんろく

3件 の用語解説(石本新六の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

石本新六
いしもとしんろく

[生]安政1(1854).1.20. 兵庫
[没]1912.4.12. 東京
陸軍軍人。陸軍士官学校卒業後,フランスに留学,フォンテンブロー砲工学校で工兵に関する学術を修得,帰国して参謀本部に入る。日清戦争では臨時陸軍運輸部長として後方勤務についた。その後,寺内正毅に引立てられ,1911年8月,第2次西園寺公望内閣の陸相に就任したが,2個師団増設計画を立案中急逝。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

石本新六 いしもと-しんろく

1854-1912 明治時代の軍人。
嘉永(かえい)7年1月20日生まれ。陸軍にはいり,フランス留学,イタリア駐在をへて,明治30年初代築城本部長。35年陸相寺内正毅(まさたけ)にとりたてられ陸軍総務長官(のち陸軍次官)。44年第2次西園寺内閣の陸相となる。中将。明治45年4月2日死去。59歳。播磨(はりま)(兵庫県)出身。陸軍士官学校卒。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

石本新六

没年:明治45.4.2(1912)
生年:安政1.1.20(1854.2.17)
明治期の陸軍軍人。姫路藩(兵庫県)年寄石本勝左衛門の6男。兄綱は陸軍中佐。明治2(1869)年開成所姫路藩貢進生に選ばれ,翌年大学南校に入学したが軍人を志した。11年陸軍士官学校卒業後フランスに留学,14年フォンテンブロー砲工学校を卒業。28年工兵大佐,29年工兵課長,30年築城本部長兼砲工学校長等を経て,35年から寺内正毅陸軍大臣の下で10年間,陸軍次官(陸軍総務長官)を務め,その間37年中将に進む。40年男爵。健康に難があったが,44年陸軍大臣に就任,奥保鞏参謀総長と連署して2個師団増設の上奏書を提出した。在任1年で死去。

(岸本昌也)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

石本新六の関連キーワード河合良翰兵庫県姫路市青山兵庫県姫路市亀山兵庫県姫路市継兵庫県姫路市本町児島惣次郎坂田虎之助真鍋斌三木良英山岡熊治

今日のキーワード

アレルギー

語源はギリシャ語。「変わった(変えられた)働き」です。関係しているのは、人間の免疫システム。免疫は本来、人の体を守る仕組みですが、ときに過剰反応し、不快な症状を引き起こすことがあります。それがアレルギ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

石本新六の関連情報