コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

砂糖法 さとうほう Sugar Act

2件 の用語解説(砂糖法の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

砂糖法
さとうほう
Sugar Act

イギリスのとった植民地政策の一環として 1764年4月5日イギリス議会で通過した歳入法。多種類の外国産品目に対する輸入税率と,貿易運輸に関する詳細な必要手続を定めている。同法の砂糖条項は,外国領西インド産の精白糖に対する関税率を高め,イギリス領西インド産の精白糖の北アメリカ植民地での独占販売をはかった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

砂糖法
さとうほう
Sugar Act

砂糖条例ともいう。フランス西インド諸島とイギリス領北アメリカ植民地との間で行われていた密貿易を取り締まり、あわせて本国の歳入を増加させるために、1764年4月5日イギリス議会が制定した一連の法律。砂糖条項では、外国産砂糖の関税率をあげてイギリス領西インド産砂糖の北アメリカ植民地での独占販売を図り、糖密条項では、従来の関税率を半減させたものの、これまで看過されてきた密貿易を厳重に取り締まることによって、徴税を徹底することをねらった。このほか、外国産の酒、絹、アイ、リネンなどの物品に対する税率も規定している。別名「アメリカ歳入法」ともよばれるこの法律は、重商主義体制の強化策として北アメリカ植民地の反対を受けた。[島川雅史]
『今津晃著『アメリカ独立革命』(1974・至誠堂)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

砂糖法の関連キーワードアメリカ独立革命印紙税法インド省連合カナダ植民地イギリスビルマ戦争イギリス巻ブッカー賞イギリス領西アフリカ公有地政策通貨規制法

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone