コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

砂糖法 さとうほうSugar Act

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

砂糖法
さとうほう
Sugar Act

イギリスのとった植民地政策の一環として 1764年4月5日イギリス議会で通過した歳入法。多種類の外国産品目に対する輸入税率と,貿易運輸に関する詳細な必要手続を定めている。同法の砂糖条項は,外国領西インド産の精白糖に対する関税率を高め,イギリス領西インド産の精白糖の北アメリカ植民地での独占販売をはかった。糖蜜条項は 33年の糖蜜法を改訂し,外国産糖蜜に対する関税率を1ガロン6ペンスから3ペンスに引下げた。この法は植民地駐留軍費用の一部を関税によって植民地人に負担させることを直接の目的としている。このイギリスの植民地政策は,植民地人から多くの不評を買い,やがてアメリカ独立戦争の一因となった。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

砂糖法
さとうほう
Sugar Act

砂糖条例ともいう。フランス西インド諸島とイギリス領北アメリカ植民地との間で行われていた密貿易を取り締まり、あわせて本国の歳入を増加させるために、1764年4月5日イギリス議会が制定した一連の法律。砂糖条項では、外国産砂糖の関税率をあげてイギリス領西インド産砂糖の北アメリカ植民地での独占販売を図り、糖密条項では、従来の関税率を半減させたものの、これまで看過されてきた密貿易を厳重に取り締まることによって、徴税を徹底することをねらった。このほか、外国産の酒、絹、アイ、リネンなどの物品に対する税率も規定している。別名「アメリカ歳入法」ともよばれるこの法律は、重商主義体制の強化策として北アメリカ植民地の反対を受けた。[島川雅史]
『今津晃著『アメリカ独立革命』(1974・至誠堂)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例