コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

砂糖消費税 さとうしょうひぜい

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

砂糖消費税
さとうしょうひぜい

砂糖,糖蜜などの砂糖類に対して課せられる内国消費税で間接国税の一つ。日本の砂糖消費税は 1900年の砂糖消費税法によって国税として徴収したことに始るが,消費税の導入に伴い,1989年4月1日をもって廃止された。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

砂糖消費税【さとうしょうひぜい】

砂糖,糖蜜,糖水に対し,その製造者または保税地域からの引取人を納税義務者として課された国税。1990年の消費税導入により廃止。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

さとうしょうひぜい【砂糖消費税】

砂糖類を課税物件とし,砂糖類の製造者または砂糖類を保税地域から引き取る者を納税義務者とする国税で,間接税の一つ(砂糖消費税法,1955公布)。課税物件たる砂糖類は,砂糖(ショ糖の結晶したもの),糖みつ(砂糖を製造する際の副産物)および糖水(砂糖が水に溶解したもの)に区分され,さらに砂糖は3種類,糖みつおよび糖水はそれぞれ2種類に細分されて,砂糖消費税の税率は,この細分された種類ごとに異なった従量税率として規定されている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

砂糖消費税
さとうしょうひぜい

砂糖類の消費という事実のうちに担税力をみいだして課税された国税であったが、1989年(平成1)4月の消費税導入により廃止された。砂糖消費税の納税義務者は、砂糖類の製造者、または砂糖類を保税地域から引き取る者であった。課税物件である砂糖類は砂糖、糖みつ、糖水に区分され、さらにそれぞれが数種に細分され、その細分された種類ごとに1キログラム当りの税率が定められた。一般の砂糖は低率に、氷砂糖や角砂糖などの加工砂糖は高率にというように、種類によって税率を変えることにより、負担の公平への考慮がなされた。
 砂糖消費税は、砂糖のもつ嗜好(しこう)的な性質に着目して1901年(明治34)に砂糖消費税法が制定されたのに始まるが、その後数次の改正を経て、1955年(昭和30)制定の法では月まとめの申告納税制度になり、以後89年の廃止まで続いた。[林 正寿]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

砂糖消費税の関連キーワード貸付有価証券

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android