コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ミギリ

デジタル大辞泉の解説

み‐ぎり【×砌】

《「水限(みぎり)」の意で、雨滴の落ちるきわ、また、そこを限るところからという》
時節。おり。ころ。「暑さの御身お大事に」「幼少の
軒下や階下の石畳。
「―に苔(こけ)むしたり」〈宇治拾遺・一三〉
庭。
「―をめぐる山川も」〈太平記・三九〉
ものごとのとり行われるところ。場所。
「かの所は転妙法輪の跡、仏法長久の―なり」〈盛衰記・三九〉
水ぎわ。水たまり。池。
「―の中の円月を見て」〈性霊集・九〉

み‐ぎん【×砌】

みぎり」の音変化。
「げにありがたき―かな」〈謡・草子洗小町

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

みぎり【砌】

〔「水限みぎり」の意。が原義〕
とき。ころ。おり。 「暑さの-いかがお過ごしですか」 「幼少の-」
軒下の、雨滴を受ける敷石や石畳のある所。 「九月のしぐれの秋は大殿の-しみみに/万葉集 3324
庭。 「されば-を遶めぐる山川も/太平記 39
ことが行われる場所。場面。 「彼所は転妙法輪の跡、仏法長久の-なり/盛衰記 39
水ぎわ。 「 -の中の円月を見て/性霊集」

みぎん【砌】

「みぎり(砌)」の転。 「哀愍あいびんじきんの-なれば、いづくに大蛇のあるべきぞと/謡曲・道成寺」

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone