コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

 ミギリ

4件 の用語解説(砌の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

み‐ぎり【×砌】

《「水限(みぎり)」の意で、雨滴の落ちるきわ、また、そこを限るところからという》
時節。おり。ころ。「暑さの御身お大事に」「幼少の
軒下や階下の石畳。
「―に苔(こけ)むしたり」〈宇治拾遺・一三〉
庭。
「―をめぐる山川も」〈太平記・三九〉
ものごとのとり行われるところ。場所。
「かの所は転妙法輪の跡、仏法長久の―なり」〈盛衰記・三九〉
水ぎわ。水たまり。池。
「―の中の円月を見て」〈性霊集・九〉

み‐ぎん【×砌】

みぎり」の音変化。
「げにありがたき―かな」〈謡・草子洗小町

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

みぎり【砌】

〔「水限みぎり」の意。が原義〕
とき。ころ。おり。 「暑さの-いかがお過ごしですか」 「幼少の-」
軒下の、雨滴を受ける敷石や石畳のある所。 「九月のしぐれの秋は大殿の-しみみに/万葉集 3324
庭。 「されば-を遶めぐる山川も/太平記 39
ことが行われる場所。場面。 「彼所は転妙法輪の跡、仏法長久の-なり/盛衰記 39
水ぎわ。 「 -の中の円月を見て/性霊集」

みぎん【砌】

「みぎり(砌)」の転。 「哀愍あいびんじきんの-なれば、いづくに大蛇のあるべきぞと/謡曲・道成寺」

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

砌の関連キーワード雨落ち転げ落ちるずり落ちる地に落ちる水音焼け落ちる顎が落ちる逃落ちる頬が落ちる朽ちる散る落ちる/ROT OFF AND DROP AWAY

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone