コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ミギリ

デジタル大辞泉の解説

み‐ぎり【×砌】

《「水限(みぎり)」の意で、雨滴の落ちるきわ、また、そこを限るところからという》
時節。おり。ころ。「暑さの御身お大事に」「幼少の
軒下や階下の石畳。
「―に苔(こけ)むしたり」〈宇治拾遺・一三〉
庭。
「―をめぐる山川も」〈太平記・三九〉
ものごとのとり行われるところ。場所。
「かの所は転妙法輪の跡、仏法長久の―なり」〈盛衰記・三九〉
水ぎわ。水たまり。池。
「―の中の円月を見て」〈性霊集・九〉

み‐ぎん【×砌】

みぎり」の音変化。
「げにありがたき―かな」〈謡・草子洗小町

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

みぎり【砌】

〔「水限みぎり」の意。が原義〕
とき。ころ。おり。 「暑さの-いかがお過ごしですか」 「幼少の-」
軒下の、雨滴を受ける敷石や石畳のある所。 「九月のしぐれの秋は大殿の-しみみに/万葉集 3324
庭。 「されば-を遶めぐる山川も/太平記 39
ことが行われる場所。場面。 「彼所は転妙法輪の跡、仏法長久の-なり/盛衰記 39
水ぎわ。 「 -の中の円月を見て/性霊集」

みぎん【砌】

「みぎり(砌)」の転。 「哀愍あいびんじきんの-なれば、いづくに大蛇のあるべきぞと/謡曲・道成寺」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

砌の関連キーワード新撰菟玖波集日下部朝定マリア観音日下部忠説差し遣わす高山宗砌蜷川智蘊梵灯庵主池坊専順連歌新式桑原老父吾妻問答梵燈庵主真下満広声作ろひ井上布門竹林抄声繕ひ宗祇行助

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android