コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

硝酸エステル しょうさんエステルnitric ester

5件 の用語解説(硝酸エステルの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

硝酸エステル
しょうさんエステル
nitric ester

水酸基をもつ化合物と硝酸とを反応させてできる化合物。不安定で熱や衝撃によって爆発する。硝化綿やニトログリセリンなどがその例である。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

しょうさん‐エステル〔セウサン‐〕【硝酸エステル】

硝酸アルコールから得られるエステル。多く爆薬として用いられる。ニトログリセリンニトロセルロースなど。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

硝酸エステル【しょうさんエステル】

アルコール,炭水化物などと硝酸のエステルニトログリセリンニトロセルロースなど。爆薬として用いられるものが多い。
→関連項目ダイナマイト

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

大辞林 第三版の解説

しょうさんエステル【硝酸エステル】

硝酸とアルコールから生成するエステル。一般式 RONO2 多くは、水に溶けにくく、芳香のある揮発性の液体で、加熱・衝撃によって爆発しやすい。ニトログリセリン・硝酸セルロースなど。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

硝酸エステル
しょうさんえすてる
nitrate esterorganonitrateorganic nitrate

アルコールと硝酸が水1分子を失って縮合した化合物の総称。一般式R-O-NO2。一般に加熱または衝撃により爆発しやすく、第5類危険物に指定されていて、自然発火による事故への注意が必要である。加水分解によりもとのアルコールと硝酸になる。火薬、爆薬、ロケット推進剤などに使われるものが多い。
 代表的な一価アルコールの硝酸エステルとしては、硝酸エチルがある。この化合物は液体で、揮発性、爆発性が大きすぎるので爆薬としてはあまり使われない。
 グリコール、グリセリン、セルロース、ペンタエリトリトール(ペンタエリスリトール)などの多価アルコールの硝酸エステルは、それぞれニトログリコール、ニトログリセリン、ニトロセルロース、ペンスリットの通称でよばれ、爆薬などの用途をもっている。ニトログリセリンはダイナマイトの火薬として用いられる。このほかに硝酸イソソルビドやニコラジルなどの狭心症特効薬も硝酸エステルである。[廣田 穰]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone