コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

硝酸バリウム しょうさんバリウム barium nitrate

2件 の用語解説(硝酸バリウムの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

硝酸バリウム
しょうさんバリウム
barium nitrate

化学式 Ba(NO3)2 。無色結晶。有毒。融点約 590℃。高温では分解する。水に易溶,アルコールアセトンに微溶。過酸化バリウムの製造,花火,真空管などに用いられる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

硝酸バリウム
しょうさんばりうむ
barium nitrate

バリウムの硝酸塩水酸化バリウム炭酸バリウムを硝酸に溶解することによって製造される。塩化バリウム硝酸ナトリウムとの複分解という方法もある。無色の結晶。吸湿性はなく、塩化バリウムよりは水に溶けにくい。強熱すると592℃以上で分解し、酸化物となる。火煙信号(緑色)、花火、火薬のほか、光学ガラスの製造にも用いられる。[鳥居泰男]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

硝酸バリウムの関連キーワード硝酸カルシウム硝酸水銀硝酸鉛硝酸マンガンノスカピンヒロポンブロムワレリル尿素塩化錫アルドリンスパルテイン

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone